一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

そのコーラ飲んでも大丈夫? 燃焼するのに50分のウォーキングが必要

キーワード: 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 「少食」食事は腹7~8分目 「多動」身体を活発に動かす 身体活動・運動不足

 健康な生活スタイルを促すために、食品の栄養表示に、カロリーだけでなく、カロリーを燃焼するのに必要な運動量を具体的に表示するべきだと、新しい研究は示唆している。
運動で消費できるカロリーはそれほど多くない
 350mLのコーラなどの清涼飲料を飲んだら、そのカロリーを燃焼するために何km歩かなければならないか、何分走らなければならないかをご存じだろうか?

 「加工食品には栄養表示が義務付けられているので、それを見れば、たとえば"この飲料は200kcalある"と分かります。しかし、200kcalが何を意味するのかを理解している人は少ないのではないでしょうか」と、米ジョンズ ホプキンス大学公衆衛生学部のサラ ブライヒ教授は言う。

 たとえばコーラ350mLのカロリーはおよそ160kcalだが、これと同等のカロリーを消費するのに、軽いウォーキングを50分、エアロビクス運動を32分、軽いランニングを20分続ける必要がある。

 また、チーズバーガー1個のカロリーは320kcalぐらいだが、同等のカロリーを消費するのに、活発なウォーキングを1時間30分続ける必要がある。

 もしも「この商品のカロリーは1日の必要摂取量の10分の1です」「この商品で摂取したカロリーを消費するには20分のジョギングが必要です」などと表示されていたら、たいていの人は「より低カロリーの食品を選んだ方が良い」と考えるのではないだろうか。

 「運動で消費できるカロリーはそれほど多くありません。食事で摂取したカロリーの分を、運動で消費するのは容易ではありません」と、ブライヒ教授は説明する。

 「摂取したカロリーを燃焼するのにどれだけ運動をしなければならないかを示せば、運動でカロリーを燃焼するのは難しいと、多くの人が理解するようになります」。

100kcalを消費するのに必要な運動と時間
 ブライヒ教授らは、メリーランド州ボルティモアの6ヵ所の店舗で、炭酸飲料に「200kalのカロリーを燃焼するのに、20分のランニング、あるいは6kmのウォーキングが必要です」といった説明を添えて販売する試験を行った。

 その結果、説明を読んだ利用客の多くは、より健康的な飲料を選ぶようになった。購入した飲料の平均カロリーは203kcalから179kcalに低下し、ミネラルウォーターの購入は1%から4%に増加したという。

 ノースカロライナ大学でも同様の調査を行った。食品のカロリーを運動量で示した表示を見た人は、ジャンクフードや糖分の多い炭酸飲料などの過剰摂取を控えるようになった。

 「食品のカロリーが実際の生活にどのように関わるかを、具体的な情報を添えて表示すれば、人々の行動変容を促すことができます」と、ブライヒ教授は強調している。

 なお、100kcalを消費するのに必要な運動量は次の通り。体重や体格によって変動はあるが、食事で過剰に摂取したカロリーを、運動量を増やして消費するのは容易ではないことが理解できるのではないだろうか。

100kcalを消費するのに必要な運動と時間

Thinking Big: New Ideas for Preventing Obesity(ジョンズ ホプキンス大学 2014年10月12日)
Would you eat that doughnut if you knew you had to walk two miles to burn it off ?(ノースカロライナ大学 2014年10月13日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年07月05日
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援に対する御礼(IFL本部)
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年05月16日
「大麦」を食べている日本人の腸内環境は良好 食物繊維の豊富な大麦が善玉菌を増やす?
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月06日
「ヨガ」「太極拳」にストレス解消とリラックスの効果 初心者も気軽に自宅でできる
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
【新型コロナ】起床・朝食が遅くなった子供で運動不足や栄養バランスの乱れが 規則正しい食事・睡眠が大切
2022年06月06日
余暇に軽い身体活動をするほど健診結果は良くなる 活動量の実測データにもとづく世界初の研究

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート