一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

ヒスタミンは善玉物質 ヒスチジンを摂取すると不安が改善

キーワード: 認知症

 神経ヒスタミン系の機能を維持するために食事でヒスチジンをとる必要があることと、神経ヒスタミン系の機能が維持できなくなると不安行動やうつ行動が増えることをマウスの実験で明らかにしたと、東北大学大学院医学系研究科の研究グループが発表した。
「ヒスタミン」が不足すると不安行動が増加
 「ヒスタミン」は、必須アミノ酸のひとつである「ヒスチジン」から体内で合成される物質で、脳内では神経伝達物質として機能している。「ヒスチジン」は、カツオや鶏肉などに豊富に含まれる。

 食事で「ヒスチジン」を十分に摂取できていないと、「ヒスタミン」が不足し、その結果マウスで不安行動が増加することを、東北大学大学院医学系研究科の研究グループが明らかにした。

 「ヒスタミン」の機能を維持するために、食事で「ヒスチジン」を十分に摂取する必要があること、また、それによってヒスタミン神経系が正常に維持され、不安行動の改善につながる可能性がはじめて明らかにされた。

 「ヒスタミン」はアレルギーや胃潰瘍を引き起こす"悪玉物質"とされることが多いが、脳内では神経伝達物質として機能しており、覚醒作用や不安を和らげる作用があるので、最近は "善玉物質"と考えられている。

 研究グループは、ヒスチジン含有量を25%に減少させた低ヒスチジン食と通常の食事をそれぞれオスのマウスに2、4週間与え、行動などを調べた。

 その結果、低ヒスチジン食を与えたマウスでは、脳内のヒスタミン量が減少し、神経から放出されるヒスタミンの量も減っていた。

 マウスを50センチ四方の空間に入れて観察するテストを行ったところ、マウスは視線を遮るもののない中央部を避け、壁際を好む行動をとった。明るい箱と暗い箱がつながった装置に入れて行動をみるテストでも、明るい箱を避け、暗い箱を好んだ。

 これらの実験で、通常の食事に比べて、低ヒスチジン食を摂取し続けたマウスでは、不安な行動が増加することを確かめた。

 研究グループは「ヒトにおけるヒスチジン摂取の重要性が明らかになれば、新たな創薬やサプリメント開発につながる」と述べている。

東北大学大学院医学系研究科・医学部
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 認知症

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年06月06日
高齢日本の20年後を予測 認知症は減るが格差は拡大 フレイルの合併も増える 女性はとくに深刻
2022年04月13日
「認知症対策」は待ったなし スマホで認知症予防プログラムに参加 神戸大学がJA共済連などと協業
2022年03月22日
全国生活習慣病予防月間2022講演会レポート【2】 「認知機能低下を防止する生活習慣」「新型コロナウイルスと喫煙・受動喫煙」 ー講演会は継続公開中!
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート