一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

ウォーキングが脳の健康を促進 今日からできる脳のアンチエイジング

キーワード: 脳梗塞/脳出血 三多(多動・多休・多接) 認知症

 ウォーキングなどの有酸素運動をすることで、記憶力や集中力に関わる脳の部位である白質が、理想的な状態になることが、イリノイ大学の研究で明らかになった。

 脳の大脳皮質は「灰白質」と「白質」で構成される。灰白質には情報を出す「神経細胞」がつまっており、白質には神経細胞から出てきた情報を伝達するための「神経線維」がつまっている。

 ウォーキングなどの運動を行っている人の脳では、白質病変が起こりにくいことが、イリノイ大学の研究で明らかになった。運動を習慣として行うことで認知機能の衰えを抑制できることが知られるが、そのメカニズムが脳イメージングによって解明された。

ウォーキングが脳の白質を健康に保つ
 加齢に高血圧や動脈硬化などが加わると、白質に病変があらわれやすくなる。白質病変は、軽度であれば無症状であり、必ずしも認知能力の衰えに結びつかないが、早い時期から出はじめたり、病変の増加が速すぎる場合には、神経症状が出やすくなる。

 この研究では、60〜78歳の男女88人を対象に1週間にわたって、起床時に活動量計を装着してもらい、1日の運動量を測定し、さらにMRI検査で脳の神経の走行や白質の病変について詳しく調べた。測定にはテンソル画像という神経の走行を詳しく分析できる新しい検査法を用いた。

 その結果、ウォーキングなどの適度の運動をする習慣のある人では、白質病変が少ないことが分かった。

 ウォーキングをしている人では、側頭葉と白質の接続が健全に保たれていた。側頭葉は、記憶や言語、視聴覚情報の処理に深く関与している。

 一方で、あまり運動をしないで、座ったまま過ごす時間が長い人では、海馬と白質の構造的な接続が良好ではなかった。海馬は学習と記憶に深く関与している。

 米国の運動ガイドラインでは、ウォーキングなどの活発な運動を週に150分以上行うことが勧められている。

 「運動を続けることで、脳の血液の流れが良くなり、白質の衰えを抑えることができます。年齢が高くなると認知能力が衰えていくのは自然な現象ですが、運動によって最小限に抑えることができます」と、研究者はアドバイスしている。

 運動は、高齢者だけでなく、子供の脳の健康にも良い効果をもたらす。イリノイ大学の研究チームは、9〜10歳の子供を対象とした研究も行った。

 白質はコンパクトにまとまっていると、速くより効率的な神経活動が可能になる。24人の子供の脳をMRI検査で調べたところ、よく運動をしている子供では、白質の組織がより線維状でコンパクトになり、脳にとって好ましい状態になっていることが判明した。

 よく運動をしている子供は、認知機能が改善されている可能性があると、研究者は指摘している。

Study links physical activity in older adults to brain white-matter integrity(イリノイ大学 2014年9月17日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 認知症

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年06月06日
高齢日本の20年後を予測 認知症は減るが格差は拡大 フレイルの合併も増える 女性はとくに深刻
2022年04月13日
「認知症対策」は待ったなし スマホで認知症予防プログラムに参加 神戸大学がJA共済連などと協業
2022年03月22日
全国生活習慣病予防月間2022講演会レポート【2】 「認知機能低下を防止する生活習慣」「新型コロナウイルスと喫煙・受動喫煙」 ー講演会は継続公開中!

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2022年07月13日
熱中症? いや、脳梗塞かもしれない! Part 2
脳梗塞予防の決め手は血管力のアップと牛乳パワー
2022年07月13日
熱中症? いや、脳梗塞かもしれない! Part 1
症状の見分け方と対策
2022年02月28日
食物繊維を多く食べるほど認知症リスクが低下 食物繊維と腸内細菌の良い関係
2021年12月20日
牛乳を毎日1杯飲むと脳卒中リスクが低下 認知症リスクも低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年09月15日
ピーナッツを食べると脳卒中リスクが低下 不飽和脂肪酸や食物繊維などが豊富 日本人7万人超を調査
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート