一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

30〜40歳代で肥満になると認知症のリスクが高まる

キーワード: 二少(少食・少酒) 「無煙」喫煙は万病の元 三多(多動・多休・多接) 認知症

 30〜40歳代に肥満であると、歳をとってから認知症を発症する危険性が2〜3倍に高まることが判明した。
肥満が認知症の原因になる
 30〜40歳代の人にとって要注意の研究結果が発表された。この年代で太りはじめると、後に認知症を発症するリスクが高まるという。

 英国のオックスフォード大学のクレア ウォットン氏(公衆衛生学)らは、英国の全国の病院を1999〜2011年にかけて調査し、肥満と判定された45万1,232人の患者の診療記録を解析した。

 その結果、30歳代で肥満と診断された人では、年齢が上がるにつれて認知症の発症リスクが上昇することが明らかになった。

 30〜39歳で肥満である人は肥満でない人に比べ認知症の発症リスクが3.5倍に高まり、40歳代では1.7倍に、50歳代では1.5倍にそれぞれ上昇した。

健康的な生活スタイルで認知症を予防
 認知症の発症と生活スタイルには密接な関連がある。若い世代で発症するおそれのある認知症は、脳の血管障害、脳梗塞や脳出血によって起こる「脳血管性認知症」だ。

 高血圧、糖尿病、心疾患など脳血管障害の危険因子をもっていると、脳血管性認知症の危険性は上昇する。若いうちから肥満を予防・改善するための対策が必要となる。

 「肥満は脳にも影響を与えます。不健康な習慣を減らし、肥満を解消すれば、歳をとってから認知症を発症する危険性を減らすことができます」と、ウォットン氏は述べている。

 「たばこを吸わない」、「血圧をコントロールする」、「運動を習慣的に行う」、「健康的な食事を心がける」といった生活スタイルが、脳の健康を維持するのに効果的だ。

 世界の6,600万人が認知症を発症しており、有病数は2050年までに1億1,500万以上に増えると予測されている。認知症を予防または発症を遅延するための取り組みが世界的に求められている。

 「中年や高齢になってから肥満になるのを防ぐために、若い中から生活スタイルを見直すことが必要です。体にとって良いことは、脳の健康にも良いのです。認知症の予防を考えるのに"まだ早すぎる"ということはありません」と、研究者は強調している。

Early to Mid-life Obesity Linked to Heightened Risk of Dementia in Later Life(British Medical Journal 2014年8月20日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 認知症

2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
歩く人にやさしい町づくりで認知症リスクを半分に減らす 歩きたくなる町をデザイン クルマ中心からヒト中心の空間に
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年03月11日
魚を食べる人は認知症になりにくい 魚の摂取量が多いと認知症リスクが61%低下
2021年03月11日
「食と認知機能」についての意識調査 医療従事者の8割が食事による認知機能の改善を期待 8割は「認知症は理解されていない」

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート