一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

バスや電車で通勤すると体重が減る 通勤手段によってBMIに差

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 脂肪肝/NAFLD/NASH 「多動」身体を活発に動かす 身体活動・運動不足

 仕事が毎日忙しくて運動する余裕がないという人は、マイカー通勤をやめて、なるべく歩くようにした方が肥満の予防の観点では効果的だ。通勤にバスや電車といった公共交通機関や、自転車などをよく使う人は、自家用車を使う人よりも肥満が少ないことが、イギリスで行われた大規模調査でわかった。
運動する時間がない人でも通勤手段を変えればやせられる
 調査は、ロンドン周辺に在住する男女1万5,777人の生活スタイルと体格指数(BMI)の関連を調べたもの。英ロンドン大学公衆衛生・熱帯医学大学院のエレン フリント氏らが、医学誌「ブリティッシュ メディカル ジャーナル」に発表した。

 BMIは体重と身長から算出される肥満度を表す指数で、「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」という式で求められる。日本ではBMI25以上が「肥満」と判定される(欧米ではBMI30以上が肥満)。

 研究対象者のうち車で通勤している人は男性の76%、女性の72%を占めていた。公共交通機関を利用する人は男性10%、女性11%、自転車または徒歩通勤は、男性14%、女性17%にとどまっていた。

 解析した結果、公共交通機関や自転車を使う人の方はやせていて、車で通勤する人は体重と体脂肪が多いことが判明した。車で通勤している男性の平均BMIは、他の手段で通勤する男性より1ポイント高く、体重は約3kg(6.6ポンド)多かった。女性でも、車通勤者では平均BMIは0.7ポイント高く、体重は約2.5kg(5.5ポンド)多かった。

 「通勤手段によってBMIや体重が変わることが分かりました。その差は予想以上に大きく、食事や運動の改善プログラムの影響よりも大きかったのです。肥満を予防・改善するために、徒歩や自転車、公共交通機関を使っての通勤が勧められます」とフリント氏は述べている。

 なお、調査では公共交通機関の種類ではBMIに差はほとんどなかったが、もっともBMIが低いのは自転車や徒歩で通勤している人だったという。仕事が毎日忙しくて、運動する時間がないという人は、まずは通勤手段を変えることからはじめると良いかもしれない。

Significant health benefits linked to walking, cycling and taking public transport to work(ロンドン大学公衆衛生・熱帯医学大学院 2014年8月20日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月06日
「ヨガ」「太極拳」にストレス解消とリラックスの効果 初心者も気軽に自宅でできる
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
【新型コロナ】起床・朝食が遅くなった子供で運動不足や栄養バランスの乱れが 規則正しい食事・睡眠が大切
2022年06月06日
余暇に軽い身体活動をするほど健診結果は良くなる 活動量の実測データにもとづく世界初の研究

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

疾患 ▶ 脂肪肝/NAFLD/NASH

2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
なぜ体重は正常なのに「代謝異常」に? 体脂肪の「質」が肥満・メタボや糖尿病に影響 順天堂大学
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート