一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

外食でカロリーが200kcal増える カロリー表示の利用を呼び掛け

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 「少食」食事は腹7~8分目 食生活

 ふだんの食生活で、カロリーの摂り過ぎを気にしている人は多い。そんな人は外食には注意が必要だ。外食を利用する人は、知らないうちにカロリーを摂り過ぎている可能性がある。
外食すると摂取カロリーは1回200kcal増える
 外食では栄養バランスも大切だが、まずは摂取カロリーを控えることを忘れてはならない。自宅で手作りの料理を食べていれば、カロリーの摂り過ぎや野菜不足に陥りにくいが、外食のときにはどうしてもカロリーを過剰摂取しがちだ。

 外食にもファストフード、ファミリーレストラン、カフェテリア、フルコースを味わえる高級レストランまで、さまざまなものがあるが、どの形態の外食でも、内食より1回あたり平均200kcal多くなることが調査で分かった。

 米国がん学会とイリノイ大学の研究者が、米国健康・栄養調査(NHANES)に参加した20〜64歳の1万2,528人の食生活について調査を行った。それによると、外食で摂取が多くなるのはカロリーだけではなく、糖分や塩分、飽和脂肪酸の摂取量も多めになるという。

 セルフサービスのファストフード店で食事をした場合は、カロリーが194.49kcal、飽和脂肪酸が3.48g、糖分が3.95g、ナトリウムが296.38mg、内食した場合よりも平均して増えていた。

フルサービスのレストランでもカロリーが増える傾向
 ファストフードはカロリーが多いイメージがあるが、意外にもフルサービスのレストランで食事する方がカロリーや塩分が多いこともわかった。

 フルサービスのレストランで食事をした場合は、カロリーが205.21kcal、飽和脂肪酸が2.52g、ナトリウムが451.06mg、内食した場合よりも平均して増えるという。

 「たかが200kal」と思う人もいるかもしれない。しかし、たまの外食ならいいかもしれないが、これが1週間に数回となると、合計するとかなりの量になる。頻繁に繰り返すと、1年後には体重が数kg増えていたということになりかねない。

 カロリーや飽和脂肪酸、塩分などを過剰に摂取すると、高血圧症や糖尿病などの生活習慣病のリスクが上昇する。外食では、野菜や果物の量が減り、ビタミン摂取量も減少する傾向があることも報告された。

メニューのカロリー表示を見れば摂取カロリーは減少
 食べ過ぎが肥満につながることを理解していても、レストランなどの外食では「つい食べ過ぎてしまう」という人が少なくない。外食でメニューを見るときには、「これだけは見逃さない方が良い」という重要なポイントがある。

 それはメニューの「カロリー表示」を必ず見るということだ。米国では最近、食品のカロリーを表示させる機運が高まっており、ニューヨーク市やカリフォルニア州ではメニューのカロリー表示を義務付けられている。

 ジョージア州立大学のジェフリー パーカー助教(マーケティング学)の調査では、外食のメニューにカロリー表示をすると、摂取カロリーが15%減ることが明らかになった。

 研究チームは、平均年齢31歳の米国人272人を対象に調査を行った。レストランの料理にカロリーを表示したメニューと、カロリーの表示のないメニューを見た場合に、料理の注文にどのような変化が起こるかを観察した。

 その結果、カロリー表示を女性の3分の2はチェックし、男性は半数がチェックしたという。カロリー表示を見た場合は、低カロリーの料理を注文する頻度が高かった。

「レストランにカロリー表示があれば利用」が6割
 また、米国疾病管理予防センター(CDC)の10万人以上を対象とした調査によると、米国成人の10人に6人は、レストランで注文を決める際、メニューにカロリー表示があれば利用しているという。

 メニューのカロリー表示の利用率には州により差があり、もっとも利用率の低いモンタナ州で48.7%、もっとも利用率の高いニューヨーク州で61.3%だった。

 米連邦議会は2010年、医療保険制度改革法の一環として、20店舗以上の系列店をもつレストランではメニューにカロリーや栄養成分を表示するよう義務付ける法案を可決した。

 実際にはレストランでの表示を義務付ける規制はまだ発効されていないが、一部のレストランは自主的にカロリーや栄養素の表示を行っているという。特にニューヨーク市のように表示を義務付ける条例がある地域では、カロリーや栄養表示の利用率が上昇している。

Eating at Fast Food and Full Service Restaurants Associated with Higher Calories, Poorer Nutrition(米国がん学会 2014年8月7日)
Low-Calorie Restaurant Menus: Are They Making Us Fat?(シカゴ大学 2014年4月15日)
Restaurant Menu Labeling Use Among Adults -- 17 States, 2012(米国疾病管理予防センター 2014年7月11日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる

生活習慣 ▶ 食生活

2022年07月08日
高尿酸血症と動脈硬化 ~高尿酸血症が動脈硬化を引き起こす機序が解明されてきた~
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年06月06日
【新型コロナ】起床・朝食が遅くなった子供で運動不足や栄養バランスの乱れが 規則正しい食事・睡眠が大切

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート