一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

新規がん患者は88万人に増加 国立がん研究センターが初の予測

キーワード: 二少(少食・少酒) がん 「無煙」喫煙は万病の元 三多(多動・多休・多接)

 日本人の3人に1人はがんが原因で死亡する。がんは1981年以来、日本人の死因の1位を占めており、国民のがんの動向に対する関心は高い。国立がん研究センターのがん対策情報センターは、2014年に新たにがんと診断される人の数(罹患数)は88万2,200人、がんで死亡する人は36万7,100人との予測を公表した。

 その年のがんの動向について予測して公表するのは、今回がはじめて。担当者は「国や地域のがん対策の目標設定や評価への活用など、いつそう確実ながん対策に寄与したい」と話している。来年からは毎年春に公表する。
肺がん、大腸がんが近い将来、胃がんを上回ると予想
 予測によると、2014年に新たにがんと診断される患者(罹患数)は88万2,200人(男性50万1,800人、女性38万400人)で、最新の推計値である2010年の数字と比べるとおよそ7万7,000人増える。

 また、がんによる死亡者はおよそ36万7,100人(男性21万7,600人、女性14万9,500人)になるとされている。新規のがん患者、死亡者ともに増えるのは高齢化が主な原因とみられている。

 部位別にみると、2014年の罹患数でもっとも多いのは胃がんの13万700人で、高齢化の影響を除くと長期的な減少傾向にある。2位の肺がん(12万9,500人)、3位の大腸がん(12万8,500人)は近い将来、胃がんを上回ると予想される。男女別では、男性で胃がん、肺がん、前立腺がんの順、女性で乳がん、大腸がん、胃がんの順で多かった。

 死亡数では肺がんがもっとも多く7万6,500人で、2位の胃がん(5万300人)、3位の大腸がん(4万9,500人)を大きく引き離した。治療の難しい膵臓がんの死者数は3万1,900人で、今回5位となった肝臓がん(2万9,700人)と入れ替わって4位になった。

 予測は、1975年以降のがんの推移をもとに、人口の高齢化なども考慮して予測した。がんに関する毎年の統計データは、全国がん罹患モニタリング集計にもとづく患者数が4〜5年遅れ、人口動態統計による死亡者数が1〜2年遅れで発表されている。

 がん患者は転移や再発、多重がんなどで複数の医療機関を受診することが多く、死亡情報との整理・照合に時間がかかるためで、データの把握と対策との時間差が懸念されていた。

 同情報センターは今後、毎年春にその年の予測数を公開する。「予測精度を検証しつつ、ニーズにそったがん統計情報を整備していく。国や地域のがん対策の目標設定や評価に活用してもらいたい」としている。

国立がん研究センター
がん対策情報センター がん情報サービス
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年04月16日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年03月11日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年03月11日
「がんになっても笑顔で暮らせる社会」 がんサバイバーのためのプロジェクト「LAVENDER RING」 206人の向き合い方をフォトブックに
2021年03月11日
がん治療と仕事を両立する「がんサバイバー労働者」 働けていることに幸福感 就労復帰後も健康感などを向上させるサポートが必要

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート