一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

5つの「健康習慣」で心臓病を予防 年齢を重ねた人でも「遅くない」

キーワード: 二少(少食・少酒) 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 「無煙」喫煙は万病の元 三多(多動・多休・多接)

 健康な生活習慣をもっている人ほど、心臓病を発症する危険性を減らすことができることが、20年にわたる研究調査で明らかになった。

 「40歳を過ぎて、不健康な生活スタイルをもっていると、心臓病を発症する危険性が高まります。ひとつでも改善すれば、リスクを減らすことができます」と、ノースウェスタン大学フェインバーグ医学部のボニー スプリング教授(予防医学)は強調している。
心臓病を予防するための5つの「健康習慣」
 スプリング教授が勧める5つの「健康習慣」は次の通り――

1 適正体重を維持する
 健康な体重を維持するには、バランスのよい食事に加えて、適度に運動をすることが大切だ。

2 たばこを吸わない
 喫煙は百害あって一利なし。たばこを吸っている人は、1日も早く禁煙しよう。

3 30分ほどの適度な運動を週に5回行う
 運動することで、エネルギーの摂取量と消費量のバランスが改善される。運動は、加齢にともなう筋肉の減少や、骨粗鬆症の予防にも効果的で、ストレス解消にもつながる。

4 アルコールを飲み過ぎない
 お酒は適量であれば、人間関係を円滑にしたり、ストレスの発散や、血行の促進、HDLコレステロールの増加などの効用をもたらす。しかし、飲み過ぎが毎日続くと、肝臓や膵臓の疾患、糖尿病、高血圧、高尿酸血症、がんなどさまざまな病気の原因になる。

5 健康的な食事をこころがける
 野菜や果物を十分にとり、ビタミンやミネラル、食物繊維が不足しないようにしよう。塩分の摂り過ぎにも注意。

 年齢を重ねた人でも"生活スタイルを改善するには遅すぎる"ということはない。40歳を過ぎるまで不健康な生活が続いたという人でも、生活スタイルをひとつでも改善すれば、心臓や血管の健康を保ちやすいことが示された。

 「逆に、不健康な生活スタイルを全く改善できなければ、心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患や脳卒中の危険性は上昇します」と、スプリング教授は強調している。

取り組みやすいことから改善すると効果的
 心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患は、動脈硬化が起こり、冠動脈の内部が狭くなったり閉塞したりして血液の供給が不十分になることによって起こる。健康な人の動脈には弾力性があり、やわらかく、内壁もなめらかで血液はスムーズに流れているが、動脈硬化が起こると、動脈が硬く狭くなり、血液が流れにくくなる。

 早期発見するために、心臓CT検査により画像診断が行われる。CT検査により、冠動脈の内腔の大きさや、動脈硬化による冠動脈壁の石灰化、アテローム性動脈硬化症などが分かる。

 研究チームは、18〜30歳の男女3,538人を20年間、追跡して調査し、生活スタイルと動脈硬化の関連を調べた。5つの「健康習慣」をどれだけ実行しているかを調査した。

 調査の開始時に5つを全て実行しているという人は10%未満だった。20年間で健康習慣の実行数が「増えた」という人は25%、「変わらない」という人は34%、「減った」という人は40%だった。

 健康習慣の実行数が減るほど、動脈硬化が進行しやすくなり、心臓病のリスクが上昇することが示された。

 生活スタイルを20年間変えなかった人の20%で、心臓病の初期徴候が示された。それに対して、健康習慣を「3〜4つ増やした」という人は、心臓病のリスクが5%に抑えられていた。逆に、「3〜4つ減らした」という人では、リスクは32%上昇していた。

 「健康習慣を増やした人ほど、動脈硬化が抑えられていました。年齢が高くなってから生活習慣を増やしても、十分に効果を得られることが確かめられました」と、スプリング教授は説明している。

 「もっとも重視するべき健康習慣は、"たばこを吸わないこと"と"適正体重を維持すること"です。これらは取り組みやすく、結果が目に見えて分かりやすいというメリットがあります。健康にもたらす効果も大きいのです」と指摘している。

Scientists Find Heart Disease Can Be Reversed by Adopting Healthy Habits(ノースウェスタン大学フェインバーグ医学部 2014年6月30日)

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2021年12月20日
牛乳を毎日1杯飲むと脳卒中リスクが低下 認知症リスクも低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年09月15日
ピーナッツを食べると脳卒中リスクが低下 不飽和脂肪酸や食物繊維などが豊富 日本人7万人超を調査
2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月09日
くるみなど植物由来のオメガ3脂肪酸を豊富に含む食生活で心筋梗塞後の死亡リスクが低下
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート