一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

減量バトルに参戦 男は目的意識をもつとダイエットに成功しやすい

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 脂肪肝/NAFLD/NASH 「少食」食事は腹7~8分目 「多動」身体を活発に動かす

 男性がダイエットに成功するための秘訣は、目的意識をしっかりともつこと。「健康のため」という目標を掲げることで、減量に成功しやすくなる。
男性は女性に比べ、減量になかなか関心を示さない
 肥満は、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病との関係で注目されている。また、これらの病気が重複して発症するメタボリックシンドロームとも、密接な関係がある。肥満を放置していると、こうした生活習慣病を悪化させ、血管を傷つけたり、もろくしたりして、やがて動脈硬化を引き起こす。

 成人の死因の上位を占める心臓病(心筋梗塞や狭心症)や脳卒中(脳梗塞や脳出血)などに、肥満と動脈硬化が大きく関わっている。さらに、肥満は多くのがんのリスクを高めることも指摘されている。

 また、年齢とともに筋肉量や骨量が減り、からだを支える力は弱くなっていく。そこに肥満が加わると、骨や関節への負担が大きくなり、腰痛や膝痛などの関節障害を起こしやすくなる。

 女性がダイエットに取り組む理由は、「美容のため」、「体型の維持のため」、「スタイルを良くするため」などが多い。一般的に中高年の男性は、自分の容姿について無頓着である傾向が強く、そのためダイエットに取り組む意欲は女性に比べると希薄だ。

 しかし、男性がダイエットに挑戦するときに、「健康増進のため」という目的意識をしっかりもつと、成功しやすいことが明らかになった。

 スコットランドのアバディーン大学のアリソン アブネル教授らは、欧米を中心に行われた60件以上研究を調べ、1万5,000人以上の男女を対象に解析した。

 その結果、「男性は減量プログラムになかなか関心を示さないが、なぜ減量が必要になるかを知り目標を設定すると、積極的に参加するようになり長続きする」という結論を導き出した。

男性の減量には動機付けが必要
 男性が減量に成功するための秘訣は次の通り――

・ 男性の減量には動機付けが必要
 医療機関で検査を受け、高血圧や糖尿病、脂質異常症に関わる検査値が悪化していのが判明すると、中高年の男性の多くは「なんとかしなければならない」という意欲をもつ。検査値を改善するために具体的な目標をもつと、減量に取り組みやすくなる。

・ 食事と運動の両方が大切
 体重を減らすために必要なことは、食事を見直しカロリー摂取量をコントロールすることと、運動を習慣化しカロリー消費量を増やすこと。食事と運動が合わさることで、確かな効果を得られる。体重だけでなく、2型糖尿病のリスクを減らすことにもつながる。

・ 運動だけでは不十分
 「運動をしているから大丈夫」と思うのは間違い。統計調査では、運動をする習慣のある男性でも、食事のカロリーコントロールが伴わないと、減量効果がなかなか現れないことが示されている。

・ 1食だけ減らすやり方でも大丈夫
 1日3食のうち1食だけカロリーを減らすやり方でも、続ければ減量効果を得られる。「夕食だけ量を減らしてみる」というやり方でも大丈夫。ただし、他の2食で食べ過ぎないようにし、朝食はきちんととった方が良い。

・ 「肥満」だけでなく「やせ」にも注意
 やせすぎている男性でも、生活習慣病のリスクは高まることが確かめられている。太りすぎずやせすぎず、標準体重を維持することが大切だ。

・ しっかりとした減量プログラムが必要
 女性を対象とした減量プログラムを提供する民間の商業サービスは多くあるが、その多くは根拠(エビデンス)が不足している。男性は効果がはっきりと予測できる減量プログラムを好む。

・ グループで減量に取り組むと効果的
 男性のみを対象とした集団プログラムも効果的だ。欧州では、サッカーなどの集団球技を取り入れた運動プログラムが人気を集めている。グループで取り組めば、参加者が互いに励まし合うことができる。

 肥満は世界的に増えている。世界保健機関(WHO)によると、世界の2億人の男性、3億人の女性が肥満で、過体重の成人の数は14億人に上る。「世界中で肥満対策は大きな課題となっています。効果的な減量プログラムを運営することが必要です」と、アブネル教授は述べている。

Changing diet, exercise, men-only groups and humour may be recipe for tackling male obesity(アバディーン大学 2014年6月13日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

疾患 ▶ 脂肪肝/NAFLD/NASH

2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
なぜ体重は正常なのに「代謝異常」に? 体脂肪の「質」が肥満・メタボや糖尿病に影響 順天堂大学
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
川柳募集2023
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート