一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

ファストフードは肥満の原因? 必要以上に食べると確実に肥満に近づく

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 脂肪肝/NAFLD/NASH 「少食」食事は腹7~8分目 食生活

 ファストフードや外食は「早く・手軽で、安い」ので、世界中で利用されている。しかし、「低価格で高カロリーの食品が簡単に手に入るようになったことが肥満の原因」とする調査結果が発表された。
肥満の増加の背景に「食料の低価格化」
 日本では、欧米に比べると極端な肥満は少ないが、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によると、男性の場合ほとんどの世代で10年前、20年前から肥満者の割合が増えている。

 特に40歳代から60歳代男性の肥満者は30%を超え、3人に1人の割合で肥満で、女性でも60歳以上では4人に1人が肥満だ。

 肥満は世界中で社会問題となっているが、特に米国では状況は深刻だ。肥満者はこの25年間に一環して増え続けている。その背景に「食品の低価格化」と「低栄養価」があるとするレポートが発表された。

 「食品が安くなり、調理も簡単になり、簡単に手に入るようになった。その一方で栄養価の低い高カロリーの食品が増えている」と、米国の非営利団体「ランド研究所」のシニアエコノミストのローランド シュトルム氏は指摘している。

 シュトルム氏は、米国人の食料品購入に関するデータを分析した。その結果、1930年代には可処分所得の約25%が食料にあてられていたのが、1950年代には20%に落ち、現代では10%ほどになったことが明らかになった。

 確実にいえることは、かつてに比べ食品は相対的に低価格になり、入手しやすい環境になったということだ。

肥満の原因は「必要以上に食べていること」
 食料の低価格化が進むにつれ、外食やファストフードなどの加工食品の消費も増えた。一方で、野菜や果物などの健康的な食品の価格は上昇傾向にある。

 「食品がいつでもどこでも手に入るようになり、多くの人は必要以上に食べるようになりました。高カロリー・高脂肪・高塩分の食事スタイルが定着しています。このことが肥満増加の原因になっています」と、シュトルム氏は説明する。

 食事の用意をするための家事の時間が減り、労働時間も減少傾向にある。現代の米国人はかつてないほど余暇時間を多くもっている。一方で、身体活動は減少し、座ったまま過ごす時間が増えているという。

 ファストフードの価格が下がり、消費量が増えるにつれ、肥満や2型糖尿病が増えていったことを示したデータも発表されている。

 安いからといって高カロリー・高脂肪の食品をまとめ買いしたり、コンビニなどで食品のついで買いをしたり、あるいは、加工・インスタント食品を多用したりといった食生活を見直すことが、肥満対策には必要だ。

ファストフードを利用するときの8つの心得
 米国糖尿病学会(ADA)は、ファストフードや外食を注文するときに、次のことに注意するよう呼びかけている。

1 注文する前に、何を食べたらよいか、あらかじめ計画をたてる。単品を選ばないようにし、全体の量を控えめにする。

2 メニューに栄養成分表示やカロリー表示がある場合は、必ず見るようにする。ホームページで公開している店も多い。

3 なるべく多様な食品を選ぶようにする。「ハンバーガー、ポテト、コーラ」という注文は最悪。ポテトの代わりに、サイドメニューで野菜を一品追加するようにする。

4 特大メニューは、1食で800〜1000kcalを超えるものもある。なるべく標準サイズを選ぶ。

5 飽和脂肪とトランス脂肪酸を少なくするために、油で揚げた食品は控えめにする。

6 塩分の過剰摂取は、高血圧につながるだけでなく、全体のカロリーが増えすぎる原因になる。塩入れがテーブルに置いてあっても使わないようにする。

7 可能であれば、パンやごはんは全粒粉や玄米に交換する。ミルクは低脂肪のものを選ぶ。

8 サラダバーを活用する。レタス、ニンジン、玉ねぎ、セロリ、ブロッコリー、カリフラワー、ホウレンソウなどの野菜を多めにする。その際に、ドレッシングをかけすぎないようにする。

 ファストフード店でこうした注文をすると、料金は少し高めになる。しかし、多少の出費は健康には代えられない。自宅で自分で料理をすれば、食費はある程度、抑えられる。「たまには自分で料理を作ってみる」ことも勧められている。

U.S. Obesity Epidemic Affecting All Segments of the Nation; Easier Access to Food May Be to Blame(ランド研究所 2014年5月22日)
The Fast Food Challenge(米国糖尿病学会 2013年12月19日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる

生活習慣 ▶ 食生活

2022年07月08日
高尿酸血症と動脈硬化 ~高尿酸血症が動脈硬化を引き起こす機序が解明されてきた~
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年06月06日
【新型コロナ】起床・朝食が遅くなった子供で運動不足や栄養バランスの乱れが 規則正しい食事・睡眠が大切

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

疾患 ▶ 脂肪肝/NAFLD/NASH

2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
なぜ体重は正常なのに「代謝異常」に? 体脂肪の「質」が肥満・メタボや糖尿病に影響 順天堂大学
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート