一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

テレビと自動車、パソコンをもっていると糖尿病と肥満が増える

キーワード: 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 脂肪肝/NAFLD/NASH 「多動」身体を活発に動かす 身体活動・運動不足

 「テレビ」、「自動車」、「コンピュータ」は現代の三種の神器といえる。この3つを所有する人は、肥満や2型糖尿病の発症率が高く、その影響は先進国のみならず途上国に及んでいるという調査結果が発表された。

 先進国ではテレビ、自動車、コンピュータの3つを所有している人が大部分だが、取得の少ない途上国ではまだ普及していない地域が多い。しかし、その途上国でも、この3種類を所有している人では、2型糖尿病は2.5倍に、肥満は3倍に、それぞれ発症率が上昇することが判明した。

 この研究は、世界各国の肥満や糖尿病の発症率の偏差を調査したもので、カナダ医学会の学会誌に発表された。

生活が豊かになり運動不足が増加
 肥満や2型糖尿病は、米国や日本などの先進国だけでなく、低・中間所得の国でも急速に増加している。特に工業化が著しく所得が増えている地域で爆発的に増えている。

 テレビや自動車などは、中国やインドなど途上国でも急速に普及している。これらは世界でももっとも糖尿病が急速に増加している国だ。

 国際的な研究チームが、世界の17ヵ国の合計10万7,599件の家庭、15万3,996人の成人を対象に調査した。

 その結果、途上国では、テレビ、自動車、コンピュータの3つを所有している人の2型糖尿病の発症率は11.7%だったのに対し、所有していない人では4.7%となり、これらをもっている人では有病率が2.5倍に上昇することが分かった。

 肥満については、3つを所有している人の14.5%が該当し、所有していない人では4.7%であり、3つを所有することで3倍に上昇していた。

 「テレビ、自動車など便利な道具を使えるということは、生活が豊かになっていることを示しています。そうした国では、家事は自動化され、通勤は車で済ませ、仕事中は座ったままの生活が定着しています。人々の身体活動の量は低下し、運動不足に陥っています」と、カナダのサイモンフレイザー大学保健医療学部のスコット リア教授は話す。

 「生活が便利になることと、体を動かす機会が減り運動不足におちいることとは、トレードオフの関係にあります。意識して運動する機会を作らなければ、健康上の深刻な問題を抱えることになります」と、指摘している。

 テレビの前で寝転がってスポーツを観戦するよりも、立ち上がって自分で運動やスポーツをすることが健康のためには勧められる。栄養摂取においても、生活が豊かになると、むしろ高カロリー・高脂肪の食事に偏りがちになる傾向があるという。

 「あなたは家から外へ出かけるときに、車に乗りますか? それとも歩きますか? より賢明な選択は自分の足で歩くことです」(リア教授)。

 低収入の国では、3種類を全て所有している人では、所有していない人に比べ、身体活動は平均で31%低下し、座ったままの時間は21%増加していた。腹囲周囲径は、3種類を所有していない人の方が9cm少なかった。

 研究チームが調査したのは、以下の17ヵ国――
・ 高収入の国(スウェーデン、アラブ首長国連邦)
・ 高〜中収入の国(アルゼンチン、ブラジル、チリ、マレーシア、ポーランド、南アフリカ、トルコ)
・ 中〜低収入の国(中国、コロンビア、イラン)
・ 低収入の国(バングラデシュ、インド、パキスタン、ジンバブエ)

The association between ownership of common household devices and obesity and diabetes in high, middle and low income countries(カナダ医師会 2014年2月10日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年07月05日
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援に対する御礼(IFL本部)
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年05月16日
「大麦」を食べている日本人の腸内環境は良好 食物繊維の豊富な大麦が善玉菌を増やす?
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月06日
「ヨガ」「太極拳」にストレス解消とリラックスの効果 初心者も気軽に自宅でできる
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
【新型コロナ】起床・朝食が遅くなった子供で運動不足や栄養バランスの乱れが 規則正しい食事・睡眠が大切
2022年06月06日
余暇に軽い身体活動をするほど健診結果は良くなる 活動量の実測データにもとづく世界初の研究

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

疾患 ▶ 脂肪肝/NAFLD/NASH

2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
なぜ体重は正常なのに「代謝異常」に? 体脂肪の「質」が肥満・メタボや糖尿病に影響 順天堂大学
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート