一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

グーグルが涙で血糖を測定する「スマート・コンタクトレンズ」を開発

キーワード: 糖尿病

 米国のインターネット産業の大手であるグーグルは、涙のブドウ糖値を1秒ごとに測定する、医療用コンタクトレンズを開発していると発表した。糖尿病患者が装着することで、涙の成分から血糖値の変化を測定するというものだ。

 研究は、ワシントン大学電気工学科のブライアン オーティス准教授とババク パルヴィズ客員教授が共同で行っているもの。

 開発したコンタクトレンズは、2枚のレンズを貼り合わせた構造になっており、直径1cmのコンタクトレンズに、涙のグルコース値を測定する微小センサー、LEDライト、毛髪より細い無線アンテナ、電源を管理する小型のチップを、カプセルのように封じ込めている。

 涙のグルコース値と血糖値は相関があり、涙から血糖値を測定する技術は以前より考えられていたが、正確な測定値を得る技術の開発は難しかった。涙液の血糖レベルは血液に比べ30〜50倍希釈であり、少量の涙液から感知する高感度のセンサーを開発しなければならなかった。新たに開発された針センサーは、涙液中のグルコース値を1.8ミクロンの精度で読み取る非常に高感度なものだ。

 開発したコンタクトレンズは、1秒ごとに涙のグルコース値を測定する。低血糖や高血糖が起きている場合には、微小なLEDライトで知らせる機能も付ける予定だという。実用化に成功すれば、血糖自己測定を補完するものになる。

 まだ技術開発の段階だが、これまでに試作品で行った動物実験では良好な結果を得ているという。ヒトを対象とした臨床試験について、食品医薬品局(FDA)と話し合っている段階で、実用化にはまだしばらくかかるとしている。

 グーグルは、特に未来的な技術の開発に取り組む「グーグル Xラボ」という部門をもっており、これまでヘッドマウント型のコンピュータである「グーグル グラス」や、自動車の無人運転の技術などを開発している。

 グーグルのサイトでは、コンタクトレンズの製品化を共同で行うパートナー企業を探している。

Introducing our smart contact lens project(グーグル 2014年1月16日)
A 3-mu W CMOS Glucose Sensor for Wireless Contact-Lens Tear Glucose Monitoring(ワシントン大学 2012年1月)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート