一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

脳震とうは事後の対処が重要 症状が数週間続くことも

キーワード: 二少(少食・少酒) 三多(多動・多休・多接)

 日本脳神経外科学会などは、運動やスポーツによる脳損傷を防ぐための予防策を公表した。脳震とうを起こしたときは、事後の対処が重要だという。
症状が頭痛や気分不良だけのことも
 脳震とうは、頭を打つなどした際に急激に起こる一過性の脳機能障害。スポーツをする若者に多いと思われがちだが、日常生活の中でも転倒、転落、交通事故などさまざまな原因で、脳震とうは引き起こされる。

 脳震とうといえば、米国のヒラリー クリントン前国務長官が、転倒した際に脳震とうを負い、入院したのが記憶に新しい。

 日本脳神経外科学会によると、脳震とうは意識障害や健忘がなく、頭痛や気分不良などだけのこともあり、事後の対処が重要だという。

 「スポーツによる脳震とうの症状は、短時間で消失することが多いが、数週間以上継続することもある」と注意を呼びかけている。

 脳震とうを起こした場合は、ただちに競技や練習への参加をやめ、復帰は症状が完全に消失してから徐々に行なうことが重要だ。

 対処方法として大事なのは安静にすることだ。脳震とうを発症した直後に、そのまま競技や練習を続けると、脳を覆う膜と脳の間に出血して血がたまる「急性硬膜下血腫」など、命にかかわる脳損傷を起こすおそれがある。

 脳震とうの症状には重度があり、軽いものでは頭痛、めまい、足のふらつきなどがある。神経質になったり、注意力や集中力がなくなり、睡眠障害などがあらわれる場合もある。重いものでは意識がなくなったり、脳震とうが起きた前後の記憶がなくなることもある。

運動は様子をみながら行うことが重要
 脳震とうが起きていないか、簡単に判断する方法がある。
(1)利き足でないほうの足を後ろにして、そのつま先に反対側の足の踵をつけて一直線上に立つ。
(2)両足に体重を均等にかけ、手を腰にして、眼を閉じて20秒間じっと立つ。
(3)バランスを崩したら、眼を開けて元の姿勢にもどして、また眼を閉じる。20秒間で、6回以上バランスを崩したら、脳震とうが疑われる。

 脳震とうは、脳にどのようなダメージを与えるのか。カリフォルニア大学の研究チームが行った研究では、脳震とうが脳の神経の働きに影響を及ぼすとことが分かってきた。

 脳には神経細胞が電気の配線のようにつながって、複雑なネットワーク(神経回路)を形成している。脳震とうを起こすとこのネットワークが正常に働かなくなる。

 時間が経てば脳震とうはおさまり、ネットワークは元の働きを取り戻すが、回復する前に再び脳が衝撃を受けると、情報伝達の機能に深刻な影響があらわれるという。

 脳震とうが疑われる場合は、すぐに医療機関で診察を受けることが望ましい。運動は、ウォーキングなど軽いものから始め、様子をみながら、少なくとも1週間かけて徐々に行うことが必要となる。

日本脳神経外科学会
UCLA study first to image concussion-related abnormal brain proteins in retired NFL players(カリフォルニア大学 2013年1月22日)

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート