一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

野菜や果物、大豆を食べると自殺リスクが半減 9万人の食事調査

キーワード: 二少(少食・少酒) 「無煙」喫煙は万病の元 三多(多動・多休・多接) 認知症

 野菜や大豆、魚、海草、キノコ類、緑茶などを好んで食べている健康的な食生活の人は、そうでない人に比べ、自殺リスクが半分になるとの調査結果を国立国際医療研究センターなどの研究チームが発表した。

 研究チームは、1990年と1993年に岩手、秋田、長野、東京、茨城、新潟、大阪、高知、長崎、沖縄に在住していた40〜69歳の男女約9万人を、平均8.6年追跡して調査した。期間中に249人が自殺した。

 研究チームは、134種類の食品や飲み物について、どれぐらいの頻度で摂取するかを対象者に質問し、食事パターンを次の3種類に分類した。
(1)「健康型」 野菜や果物、いも類、大豆製品、キノコ類、海そう類、脂の多い魚、緑茶などを摂取
(2)「欧米型」 肉類・加工肉、パン、果物ジュース、コーヒー、ソフトドリンク、マヨネーズ、乳製品、魚介類などを摂取
(3)「伝統型」 ご飯、みそ汁、漬け物、魚介類、果物などを摂取

 「健康型」の食事をする傾向の強さに応じて対象者を4つのグループに分け、自殺との関連を調べると、傾向がもっとも強いグループはもっとも弱いグループと比較し、自殺リスクが男性では0.47倍、女性では0.46倍に低下していたことが判明した。

 一方で、「欧米型」と「伝統型」の食事パターンの人では、自殺リスクとの関連はみられなかったが、欧米型の食事スタイルをもつ人では自殺リスクが最大で1.22倍に上昇する傾向が示された。

 もともとうつ傾向のある人は、食事パターンや自殺リスクがうつによって影響を受けている可能性があるという。そこで、研究チームは、うつ傾向の指標として精神的ストレスの強さで分けて調べた。その結果、精神的ストレスが低いまたは中程度の群では、健康型食事パターンは自殺リスクの低下と関連していたが、精神的ストレスが高い群ではこのような関連はみられなかった。

 今回の研究では、男女ともに、野菜や果物、いも類、大豆製品、キノコ類、海草類、脂の多い魚、緑茶などが関連した健康型食事パターンにより自殺リスクが低下するという結果が得られた。

 その理由として、この食事パターンのスコアが高い群では、葉酸や抗酸化ビタミン(ビタミンCやカロテン)の摂取が多いことが影響している可能性がある。葉酸や抗酸化ビタミンは、自殺の危険因子として知られているうつに対して予防的に働くことが報告されており、食事パターンとして総合的にみることで、これらの栄養素の相乗効果も期待できるという。

 この研究は、がんや脳卒中、心筋梗塞などの病気と生活習慣との関係を調査しているコホート(集団)研究「JPHC研究」の成果のひとつだ。過去の研究では、1日の飲酒量が日本酒換算で3合以上の多量飲酒をしている人で自殺が多いことや、たばこを吸う人で1日の喫煙本数が多い人で自殺が多いことなども明らかにしている。

多目的コホート研究「JPHC Study」(独立行政法人国立がん研究センター)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 認知症

2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
歩く人にやさしい町づくりで認知症リスクを半分に減らす 歩きたくなる町をデザイン クルマ中心からヒト中心の空間に
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年03月11日
魚を食べる人は認知症になりにくい 魚の摂取量が多いと認知症リスクが61%低下
2021年03月11日
「食と認知機能」についての意識調査 医療従事者の8割が食事による認知機能の改善を期待 8割は「認知症は理解されていない」

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート