一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

薬局でHbA1c値を測定し3割に受診勧奨 糖尿病診断アクセス革命

キーワード: 二少(少食・少酒) 糖尿病 三多(多動・多休・多接)

 薬局の店頭で検査を行い、糖尿病の早期発見につなげようというプロジェクト「糖尿病診断アクセス革命」で、これまでに検査を受けた約2,500人のうち、糖尿病や予備群と疑われる人は約3割に上ったことが、プロジェクト代表の矢作直也・筑波大学内分泌代謝・糖尿病内科准教授らのまとめで分かった。健康診断を受けていないという人も多く、矢作先生は「糖尿病を早期発見するために、新たなスクリーニング検査の機会を提供できた」としている。

 プロジェクトは2010年10月にスタート。現在は東京都足立区と徳島県内のそれぞれ10店舗の薬局で展開した。参加薬局に、1マイクロリットル(1,000分の1ミリリットル)という微量の血液でHbA1c値を測定する小型検査機器を設置した。

 検査を希望する人は、薬剤師の説明を受けた上で、指先で自己穿刺採血を行い測定する。結果はその場でわかり、糖尿病や予備群が疑われる場合には、薬剤師が連携医療機関への受診を勧め、早期治療へ導くという仕組み。医療機関や健診施設よりも身近な場所にある薬局を活用し、地域医療連携を活性化するのが狙いだ。

 検査を受けた2,514人のうち、糖尿病と強く疑われた人(HbA1c6.5%以上)は約12%、予備群の可能性が高い人(HbA1c6.0〜6.4%以上)は約16%で、3割に医療機関へ受診勧奨を行い、症状が悪化する前に治療を始められる可能性が開けた。全体の43%は定期的な健康診断を受けておらず、「糖尿病診断アクセス革命」が新たなスクリーニング検査の場を提供した。

 日本では、糖尿病が「強く疑われる人」は890万人、「可能性を否定できない人」は1,320万人で、合計2,210万人が糖尿病の危険性が高いと推定されている。実際に医療機関を定期受診している糖尿病患者数は約270万人とみられており、糖尿病有病者の約4割はほとんど治療を受けていない。

 「糖尿病の検査と治療を受けていない人の方がずっと多い現実があり、目の前の患者さんの治療だけを行っていれば十分というわけではありません」と矢作先生は話す。

 「糖尿病は初期には自覚症状が乏しいため、早期発見のために血液検査は特に重要です。薬局と医療機関の地域連携によって、早期発見・受診勧奨をするシステムが有用であることが示されました」としている。

 ただ、薬局で検査を受けることは臨床検査技師法の運用で制限される場合がある。これまでプロジェクトを展開する上で、保健所の許可を得られるかどうかが地域ごとに異なるという課題も浮かび上がった。今後、このような活動がより広く展開されるよう、規制緩和の必要性を指摘している。この点については現在、国の規制改革会議や産業競争力会議などで検討が進んでいるという。

糖尿病診断アクセス革命
 糖尿病診断アクセス革命(矢作直也代表)は、「指先微量採血によるHbA1c測定」を用いて血液検査へのハードルを下げ、広く検査の機会を提供することで、未発見・未治療の糖尿病の患者さんや糖尿病予備群の方々をすくい上げ、糖尿病を減らすことをめざす地域医療連携プロジェクト。
 筑波大学と糖尿病診断アクセス革命事務局を中心に、東京都足立区では、NPO法人ADMS・足立区薬剤師会・足立区医師会、徳島県では徳島文理大学との共同研究として行われている。
http://a1c.umin.jp/
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート