一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

水虫の予防法 感染を防ぐための足のケア

キーワード: 二少(少食・少酒) 「無煙」喫煙は万病の元 三多(多動・多休・多接)

 雨の多い梅雨の季節がやってきた。高温多湿でじめじめするこの時期に、気になるのが水虫だ。水虫の原因となる真菌は、健康な人の足にも生息している。体力が落ちているときや抵抗力が弱くなっていると増殖し、トラブルの原因になることがある。水虫に感染しないために、日常生活から心がけることが肝心だ。

 真菌感染症は、皮膚にカビ(真菌)が寄生して起きる皮膚病。一般的な真菌感染症としてもっとも多いのは、足の裏や指の間に真菌の一種の白癬菌が寄生して起きるできる足白癬(水虫)で、次に多いのが、主に足の指の爪にできる爪白癬。ほかにも、顔や首、手、股などに起こる体部白癬、頭髪部にできる頭部白癬などがある。
80種類以上の真菌が足に生息
 真菌は、例えば耳の後ろや手の平などにも生息しているが、真菌が体のどの部分にどれだけ生息しているのか、詳しいことが分かったのは実は最近になってからだ。

 真菌はとても小さいのでDNA解析は難しい。ヒトゲノム計画の技術による高度なDNA解析装置が実用化したおかげで、真菌の"地勢"が正確に分かるようになった。

 「人間の細胞は、多くの細菌や真菌と共生しており、体全体が生態系になっているといえます。真菌は体のさまざまな部位で生息していますが、特に多いのは足であることが判明しました。健康な人の足には、80種類以上の真菌が生息しています」と、米国立ヒトゲノム研究所(NHGRI)の上級研究員ジュリー セグレ氏は話す。

 セグレ氏ら研究チームは、ワシントン氏に在住する健康な被験者10人を集め、真菌が繁殖しやすい体のスポットから綿棒で標本を採取した。その場所は、背中、手の平、肘の裏、外耳道、眉間、脚の付け根、胸骨上部、鼻の穴、後頭部、前腕、耳の後ろの計11ヵ所だ。さらに、足の3ヵ所、かかと、足の爪、足指の間からも標本を採取した。

 その結果、真菌は特に足に多く生息していることが分かった。足には80〜100種の真菌が生息しており、足指や足の爪、かかとで多くの種類の真菌がみつかった。

 なぜ真菌は足を好むのか? 「足は体の一番下にあるため、体の他の部分に比べて温度が低い傾向があります。また、靴や靴下を履いているため湿度が高くなっています。真菌は適温・多湿の環境で増えやすいのです」と、セグレ氏は説明する。

水虫を防ぐための足のケア
 真菌は、適度な温度と湿度のある環境を好む。湿度80%以上、温度15℃以上になると活発に増殖するため、梅雨から蒸し暑い夏には注意が必要だ。

 水虫は真菌(白癬菌)が増えることによって起こる感染症だ。生活でちょっとした工夫をすることで、水虫を予防できる。

・足の清潔と乾燥を保つ
 帰宅したら、すぐに足を石鹸で洗って清潔に保つことが望ましい。洗い方は、足の指一本一本を丁寧に洗うことが肝要だ。
 いちいち浴室に行くのは面倒という人は、水虫ができやすい足指の間やかかとを洗い、ティッシュペーパーを使い乾燥させよう。
 アルコールを含んだティッシュペーパーや脱脂綿が用意できれば、汗だけでなく、水虫菌の栄養分となる皮脂を拭き取ることもできる。

・通気性の悪い靴・靴下を避ける
 入浴後やスポーツなどで汗をかいた後は、足をしっかり乾燥させ、なるべく涼しく保つことが大切。通気性の悪い靴・靴下はなるべく避けよう。

・部屋をこまめに掃除する
 水虫になると、皮膚が剥離してはがれやすくなる。はがれた皮膚にいる水虫菌は感染力をもつ。感染を予防するために、部屋の掃除が重要だ。剥がれた皮膚を掃除機でこまめに吸い取るようにしよう。

・足拭きマットは汚染されやすい
 水回り、特に浴室にある足拭きマットなどは、真菌により汚染されやすい。家族に水虫の人がいる場合は、足拭きマット、タオル、爪切り、スリッパなどはその人専用のものを用意する。面倒な場合は、水虫の人は足拭きマットを使わずに使い捨てのキッチンタオルなどで足を拭こう。

・共同で使う施設では素足を避ける
 フィットネスクラブやサウナなどの共同で使う場所でも感染しやすい。足拭きなどを避けても、水虫の人の皮膚が剥離していて、それを踏んでしまうと感染してしまう可能性がある。共同で使う施設に行った後は、サンダルを履くなどして素足でいるのを避け、帰宅後にケアすることが重要だ。

・医師の診断を受ける
 糖尿病の人は水虫が進行しやすい。水虫くらいと軽視したり、ひどくなっても神経障害で痛みを感じにくいため、処置が遅れることがある。
 皮膚病や水虫に悩まされている人は、医師に診断してもらい適切な治療を受けることが望ましい。

NIH researchers conduct first genomic survey of human skin fungal diversity(米国国立ヒトゲノム研究所 2013年5月22日)

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート