一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

有酸素運動を続けると乳がんリスクが低下

キーワード: 二少(少食・少酒) がん 「無煙」喫煙は万病の元 三多(多動・多休・多接)

 適度な有酸素運動を続けると、女性ホルモンの代謝に変化が生じ、乳がんの発症が減少するという研究を、米ミネソタ大学が発表された。

 多くの研究で、運動を習慣として行っている女性は、そうでない女性より乳がんを発症するリスクが低いことが示されている。ウォーキングなどの中強度の運動や、ジョギングやエアロビクスなどの高強度の運動を、週に3〜4時間続けることで、乳がんリスクを軽減できる。

 運動には、免疫機能を改善したり、体脂肪を減らして、エストロゲン濃度を下げ、乳がんを予防する可能性があると考えられている。しかし、そのメカニズムはあきらかにされていない。

 そこで今回、ミネソタ大学のミンディー カーザー氏(食料・栄養学)らは、乳がんのリスクと関わりのある女性ホルモンの一種エストロゲンの代謝に、運動がどのような影響を与えるかを調べる実験を行った。

 研究には、運動習慣のない若い女性391人が参加した。全員が座って生活することの多い女性で、月経は正常だった。参加者は運動を行う群と対照群の2つのグループに分けられた。

 運動を行うグループの女性には、1回30分間の有酸素運動を週に5回のペースで、16週間行ってもらった。運動は、ウォーキングやランニングのできるトレッドミル、階段上りを行えるステッパー、全身トレーニングが可能なエリプティカルなどのフィットネス器具を用いて行われた。

 中程度から活発な運動を行うように指示する一方で、運動中の最大心拍数が同程度になるように調整した。一方、対照群の女性には、ふだん通りに過ごしてもらった。

 実験開始前と終了時のそれぞれ3日間、参加者の尿を採取した。「液体クロマトグラフ-タンデム質量分析法」という検出感度の高い最先端の方法を用いて、採取した尿に含まれるエストロゲンE1、E2、E3およびその9種類の代謝産物の量を計測した。

 計測の結果、有酸素運動を行ったグループでは、代謝産物のうち「2-OHE1(2-ヒドロキシエストロン)」が多く、「16alpha-OHE1(16アルファ-ヒドロキシエストロン)」が少なくなっていることがわかった。一方、対照群では変化がみられなかった。

 カーザー博士によると、これまでの研究により、2-OHE1が多く、16alpha-OHE1が少ないと、乳がんのリスクが下がることがわかっているという。

 「これまでにも、運動によって免疫機能を改善したり、体脂肪を減らし、心臓の状態が改善することは知られていました。研究では、エストロゲンの代謝にも変化が起き、乳がんを予防する効果があることも分かりました」とカーザー氏は述べている。

 カーザー氏は現在、ペンシルバニア大学の研究者らと協力し、乳がんリスクの高い女性に関しても同様の実験を行っている。

Exercise-related Changes in Estrogen Metabolism May Lower Breast Cancer Risk(米国がん学会 2013年5月7日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年04月16日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年03月11日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年03月11日
「がんになっても笑顔で暮らせる社会」 がんサバイバーのためのプロジェクト「LAVENDER RING」 206人の向き合い方をフォトブックに
2021年03月11日
がん治療と仕事を両立する「がんサバイバー労働者」 働けていることに幸福感 就労復帰後も健康感などを向上させるサポートが必要

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート