一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

食物繊維を食べて脳卒中を予防 1日7g増やすと効果的

キーワード: 二少(少食・少酒) 脳梗塞/脳出血 三多(多動・多休・多接)

 食事で食物繊維を多くとると、脳卒中を発症する危険性が低下するという研究が英国で発表された。食物繊維の摂取量が1日7g増えると、脳卒中のリスクは7%低下するという。

 食物繊維が悪玉のLDLコレステロールを減らし、肥満や高血圧の改善に役立つことは、多くの研究で指摘されている。今回の研究は日本を含む5ヵ国の8件の研究をメタ解析したもので、食物繊維を多く摂取していると脳卒中の発症が減ることを裏付ける結果になった。

 研究チームは、1990〜2012年に発表された研究論文の中から、米国、日本、フィンランド、スウェーデン、オーストラリアで行われた8件の前向き観察研究を解析した。いずれの研究も、健康な人を対象に、食物繊維の摂取量と脳卒中の発症について調査したものだ。

 4件の研究は脳の血管が詰まり発症する脳梗塞などの「虚血性脳卒中」に関するもので、3件の研究は脳の血管が破れて発症する「脳出血」と「クモ膜下出血」を中心に報告していた。

 解析した結果、食物繊維の摂取量が1日7g増えると、脳卒中のリスクは低下することがあきらかになった。食物繊維の摂取量を1日に7g増やすと、脳卒中の発症リスクは7%減少したという。これは、これは全粒粉のパスタ1皿、野菜2皿に含まれる食物繊維と同じくらいの量だ。

 食物繊維は「食品に含まれる消化酵素で消化されない成分」と定義されている。タンパク質、脂質、炭水化物などは、消化管の中で消化液中の酵素によって分解され体に吸収されるが、食物繊維は消化酵素の作用を受けずに腸を通過する。

 「食物繊維の摂取量を増やすために、食生活の全てを変えなければならないというわけではありません。食物繊維を豊富に含む野菜や果物食品を、毎食一皿ずつ加えるといった、ちょっとした工夫で食物繊維を増やせます」と、リード大学栄養サイエンス学部のビクトリア バーリ氏は話す。

 日本人の食物繊維の摂取量は、1950年代では1人あたり1日20gを超えていたが、食生活の欧米化や、ライフスタイルの変化にともない、年々低下しつつあるのが現状だ。最近の報告によると、平均摂取量は1日あたり14g前後と推定されている。

 厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」(2010年版)によると、1日あたりの目安量は、男性19g以上、女性17g以上となっている。エネルギー摂取量とあわせてみると、おおよそ1,000kcalに対して8g以上の食物繊維を取ることが望ましいとされている。

 食物繊維は、豆類、野菜類、果実類、きのこ類、海藻類などに多く含まれている。さつまいも、かぼちゃ、ごぼう、いんげん豆、たけのこ、ブロッコリー、モロヘイヤ、しらたき、切り干し大根、しいたけ、ひじきなどには、1食中に食物繊維が2〜3g含まれている。

 食物繊維は、小麦ふすまに含まれるセルロースに代表される水に溶けない「不溶性食物繊維」と、野菜や果物に含まれるペクチンや海藻類に含まれるアルギン酸など代表される水に溶ける「水溶性食物繊維」とがある。

 今回の研究では、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のどちらが、脳卒中を予防する効果があるか、はっきりとした結果は出なかった。

 「野菜や果物、小麦ふすま、ナッツ類など、食物繊維を豊富に含む食品を食べることで、脳卒中の発症リスクを減らせます。脳卒中の危険因子は、肥満、喫煙、高血圧などがありますが、身近な食事を見直すことで、はっきりとした効果を得られます」と、研究者は指摘している。

Eating more fibre may lower risk of first-time stroke(リード大学 2013年3月13日)

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2021年12月20日
牛乳を毎日1杯飲むと脳卒中リスクが低下 認知症リスクも低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年09月15日
ピーナッツを食べると脳卒中リスクが低下 不飽和脂肪酸や食物繊維などが豊富 日本人7万人超を調査
2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート