一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

朝食をしっかりとると肥満を予防できる

キーワード: 二少(少食・少酒) 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム

 朝食をとるときは、牛乳やチーズ、卵や低脂肪の肉類など高タンパク質の食品を組み合わせると、日中の食欲が抑えられ、太りにくくなるという研究が発表された。「朝食はダイエットのために、1日のうちでもっとも重要な食事かもしれません」と研究者は指摘している。

 朝食を抜くと昼食までに空腹になり、間食をしてしまいがちになる。中途半端な時間に満腹になると、昼食を軽食で済ませ、夕食までに再び空腹になり間食を繰り返してしまう傾向がある。

 「タンパク質の多いしっかりとした朝食を食べると、日中の食欲が抑えられ、短期間に体重減をもたらすことが実験で確かめられました」と、ミズーリ大学のヘザー ライディ氏(栄養・運動生理学)は話す。

 研究チームは、18-20歳の肥満または過体重の女性20人を3群に分け、▽朝食欠食群(欠食群)、▽高タンパク質の朝食を食べる群(高タンパク群)、▽普通程度のタンパク質の朝食を食べる群(普通タンパク群)に無作為に分け、6日間にわたり実験を行った。

 朝食のカロリーはいずれも1食350kcalに調整されたが、高タンパク群はタンパク質を35g、普通タンパク群は13gを摂取した。

 高タンパク群のメニューは、ブリトーやアップルソースの卵ワッフル、牛肉ソーセージパテやブリトーといった卵や赤身肉を使った料理が加えられた。一方、普通タンパク群はシリアルをベースとしたメニューだった。

 期間中に、空腹感や満腹感などについてのアンケートに答えてもらい、血液検査を行った。

 その結果、朝食を食べた両群はいずれも欠食群に比べ、日中の空腹感が軽減していた。満腹感については欠食群よりも朝食を食べた群の方が強く感じる傾向がみられ、高タンパク群の方が普通タンパク群よりもさらに満腹感が高くなっていた。

 血液検査により、高タンパク群は欠食群に比べ、胃から分泌される食欲刺激ホルモン「グレリン」が少なく、腸から分泌される食欲抑制ホルモン「ペプチドYY」が多くなっていたことが分かったわかった。

 夕食前に食品の写真を見せて食欲を刺激した後で、MRI(磁気共鳴画像)検査を行った。食欲は脳の海馬や扁桃体といった部分の活性を促すとみられている。

 朝食を食べた両群では欠食群よりも海馬や扁桃体の活性が抑えらており、また高タンパク群は普通タンパク群よりもさらに抑えられることが分かった。

 「朝食の質を高めて、タンパク質をとることで日中の食欲が抑えられ、高カロリーのスナック類などの食べすぎを防げることが分かりました。米国には朝食を欠食する若者が多くいます。食べすぎを防ぎ、肥満を予防するために、朝食を見直すことは効果的な戦略であることが示されています」とライディ氏は強調している。

 朝食を欠食する習慣のある人にとっては懐疑的であるかもしれないが、ライディ氏は「朝食をしっかり食べる食習慣の効果があらわれるまでに、およそ3日は様子をみてください」と説明している。

Protein-rich breakfasts prevent unhealthy evening snacking(2013年3月28日 ミズーリ大学)

関連情報
食事療法で失敗しないための8つのポイント(糖尿病NET)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年12月15日
「早食い」は肥満や体重増加につながる ゆっくり味わって食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月10日
肥満は糖尿病の人にとって大敵 体重をコントロールして糖尿病を改善 成功するためのコツは?
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月19日
【新型コロナ】糖尿病と肥満の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月01日
肥満の人は日常生活動作(ADL)が低下しやすい 健康寿命も短縮 若い頃から健康な生活で対策を

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート