一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

「エコノミークラス症候群」を予防 ポイントと注意点

キーワード: 三多(多動・多休・多接) 健診・保健指導

 旅客機や列車で起こりやすい「エコノミークラス症候群」。原因のひとつは、長時間同じ姿勢でいること。座席が狭い旅客機のエコノミークラス席を利用するとリスクが高くなることから、「エコノミークラス症候群」とも呼ばれている。いくつかのポイントと注意点を知っていれば予防できるという。
予防法は「頻繁に立ち上がる」「ふくらはぎをストレッチする」など
 エコノミークラス症候群は、正式には「深部静脈血栓症」や「肺塞栓症」と呼ばれる。長時間足を動かさずに同じ姿勢でいると、足の深部にある静脈に、血のかたまり(深部静脈血栓)ができて、この血のかたまりの一部が血流にのって流れて肺の動脈を閉塞してしまうのが肺塞栓。呼吸困難を引き起こすほか、最悪の場合は死亡することもある。

 初期におこる症状としては、大腿から下の脚の発赤、腫脹、痛みなどがある。足にできた血栓が肺に詰まると、胸痛、呼吸困難、失神などの症状が出現し、危険な状態になる。こうした症状があらわれたら、急いで医療機関を受診する必要がある。

 深部静脈血栓症の原因のひとつは、長時間同じ姿勢でいること。座席が狭くて長時間搭乗する旅客機のエコノミークラス席を利用した場合、発症する確率が高いことが知られており、「エコノミークラス症候群」と呼ばれている。

 しかし、米国胸部医学会の新しい診療ガイドラインでは、「血栓症のリスクを上昇させる要因は、エコノミークラス席の利用自体にあるのではなく、長距離フライトで長時間同じ姿勢を取り続けることにある」としている。

 「列車やバスなどに乗っていても発症する可能性があり、また、深部静脈血栓症リスクを左右するのは座席のクラスではなく、席が通路に近いかどうかである」とカナダのマックマスター大学医学部のMark Crowther氏は述べている。

 「窓側席で長距離を飛行すると血栓症リスクが上がるのは、動ける範囲が制限されるからだ。窓側の席に座ると、通路に出るのに他の人に動いてもらうのがためらわれ、長時間座りがちになる」と説明している。

 この他にも危険因子があるとリスクは上昇する。リスクが高いのは、血栓症の既往歴のある人、凝固系に異常のある人、運動機能に障害のある人、肥満のある人のほか、高齢者、搭乗前に手術やけがを経験した人、妊娠中の人、エストロゲン補充療法(経口避妊薬を含む)を受けている人など。

 糖尿病の人は、血糖値が高い状態が続くと、血液が固まりやすくなっており血栓症が起こりやすい。また、動脈硬化が進行していると血栓が詰まりやすくなるが、糖尿病は動脈硬化の危険因子なので、この点でも関連性はある。

 ガイドラインでは、血栓症のリスクが高い旅行者が6時間以上のフライトを利用する場合、下記のことを推奨している――

  • 長時間同じ(特に機内などでの窮屈な)姿勢でいないようにする。
  • 頻繁に立ち上がり、機内を歩き回る。
  • 足や足の指をこまめに動かす。ふくらはぎの筋肉を延ばしストレッチする。
  • できるだけ通路側の席を確保する。
  • 膝下の弾性ストッキング(圧迫力の強い医療用ストッキング)を着用する

 一方で、水分の摂取不足により発症リスクが上昇することを示す確固たるエビデンスはないと指摘した。ただし、「水を飲むことで、立ち上がって洗面所に行く回数が増えるので、よいアイディアではある」とCrowther氏は指摘している。

New DVT Guidelines: No Evidence to Support "Economy Class Syndrome"(米国胸部医学会 2012年7月2日)

[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年03月26日
【健やか21】「日本脳炎ワクチン供給不足が見込まれる現状についてのお知らせ」の掲載について(日本小児科学会)
2021年02月12日
【健やか21】「地域の実情に応じたアウトリーチ型家庭教育支援の取組事例」の掲載について(文部科学省)
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート