一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

ジョギングが寿命を延ばす 無理せずマイペースに

キーワード: 高血圧 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 心筋梗塞/狭心症 三多(多動・多休・多接)

 ジョギングを習慣的に続けていると、男性では6.2年、女性では5.6年、寿命が延びるという調査結果が発表された。スローペースまたは平均的なペースでジョギングをすると効果的だという。この研究は、5月に欧州心臓学会が主催しダブリンで開催された学術会議(EuroPrevent 2012)で発表された。
ジョギングを続けると寿命が5〜6年延びる
 「運動習慣のない中高年が、急に積極的にジョギングを開始するのは危険であるという議論が過去にあった。今回の研究結果は、ジョギングが本当に健康によいかどうかを判定する決め手になるものだ」と、デンマークのビスペビャー大学病院のPeter Schnohr氏は話す。

 研究は、約2万人の20〜93歳の男女を対象に1976年に開始され、心疾患の発症などを調査している大規模研究「コペンハーゲン市心臓研究」の一環として行われた。研究は心不全、肺疾患、アレルギー、認知症、睡眠無呼吸症候群および遺伝学的な解析まで拡大し継続されている。

 ジョギングの習慣のある人は男性1,116人、女性762人だった。参加者に、それらがジョギングに毎週費やした時間やジョギングのペース(遅い、平均的、きつい)などについて調査を行った。

 結果は、最高35年の調査期間中に、ジョギングの習慣のある人は122人が死亡した。ジョギングの習慣のある人では、習慣のない人に比べ、死亡リスクが男性では44%、女性でも44%低下することがわかった。年齢調整生存率から計算すると、男性は6.2年、女性は5.6年、寿命が延びることになる。

 「ジョギングを習慣的に行うことが健康によいことが確かめられた。嬉しいことに、健康上の便益を得るためには、長時間のきついジョギングを行う必要はないこともわかった」とSchnohr氏は話す。

 ジョギングによる運動量と死亡との関連を解析した結果、運動時間と死亡との関連にU字形曲線がみられた。すなわち、適度な運動をしている場合は死亡率が低下するが、運動が不足、あるいは過剰な場合は、死亡率は上昇を示した。

 もっとも死亡率が低かったのは、スローペースまたは平均的なペースでジョギング、週に1〜2.5時間、2〜3回にわけて、無理せず続けていた人だったという。

 「少し息を切らす程度の、適度なペースのジョギングが理想的だ。完全に息を切らすぐらいの早いペースでジョギングを行うと、かえって逆効果のようだ」とSchnohr氏はアドバイスしている。

 ジョギングがもらたす健康上の便益は多い。ジョギングを続けていれば、酸素摂取量が改善し、運動に適した体に変わっていく。

 習慣的なジョギングにより、インスリン感受性が改善し、HDLコレステロールの上昇や中性脂肪の低下など、脂質のコントロールも改善する。血圧や血小板凝集が低下し、新肺機能が改善する。骨密度や炎症マーカーも縮小する。ジョギングは肥満予防につながり、ストレス管理にもなる。

 「中高年がジョギングの仲間をつくることで、社会的な交流も活発化する。ジョギングのメンタル面での利点も見逃せない」とSchnohr氏は付け加えている。

Regular jogging shows dramatic increase in life expectancy(欧州心臓学会 2012年5月3日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年07月05日
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援に対する御礼(IFL本部)
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年05月16日
「大麦」を食べている日本人の腸内環境は良好 食物繊維の豊富な大麦が善玉菌を増やす?
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施

疾患 ▶ 高血圧

2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年04月13日
奥歯の噛み合わせが悪い高齢者は、高血圧リスクが1.7倍に上昇 口の健康が身体機能の維持に関連
2022年02月28日
体重計はもっていても使わない人が45% 体重測定をしない理由は男性は「面倒くさい」 女性は? 意識調査

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2022年07月12日
女性の「心臓発作」の症状は男性とどう違う? 女性でも胸痛・発汗・息切れが多い 「性差医療」が必要
2022年03月10日
「筋トレ」の実施時間が長いほど糖尿病リスクは低下 家庭や職場で簡単にできる筋トレ
2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート