一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

血栓症の新たな原因を発見 タンパク質異常で血栓症を発症

キーワード: 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血

 血液が血管の中で固まりやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす「血栓症」は、けがなどで出血した際に血液を凝固させるタンパク質の異常が原因のひとつになっていることが、名古屋大大学院医学系研究科のグループの研究で分かった。

 血栓症が関わる病気は高齢者に多く、いくつかの要因が重なって起こるが、原因が不明なものも多い。研究グループの小嶋哲人教授は「加齢とともに増加する脳梗塞、心筋梗塞などの血栓性疾患の新しい治療法や予防法の開発につながる成果。超高齢化社会を迎えつつある日本で、社会的意義は大きい」と話している。

 けがなどで出血すると、血液を凝固させるプロトロンビンと呼ばれるタンパク質が、トロンビンという酵素に変化し、トロンビンの作用により血管内で血が固まる。一方、トロンビンには、アンチトロンビンと呼ばれる血液の凝固を抑制するタンパク質と結合して凝固を止め、血液が固まりすぎないようにする作用もある。

 研究では、家族に血栓症が多い患者に協力してもらい白血球を調べたところ、プロトロンビンの遺伝子が一部変異していることがわかった。研究グループが発見した遺伝子異常をもつ変異型のプロトロンビンは、トロンビンに変化してもアンチトロンビンとほとんど結合せず、血液が凝固し続けて血栓症につながることが判明した。

 小嶋教授は「これら血栓性素因の病態解明は、高齢化にともない日本人でも増加傾向にある静脈血栓症や脳梗塞、心筋梗塞などの血栓性疾患で、新しい治療法や予防法の開発につながる」と話している。

新たな遺伝性血栓症の原因を発見(名古屋大学 2012年6月12日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2022年07月13日
熱中症? いや、脳梗塞かもしれない! Part 2
脳梗塞予防の決め手は血管力のアップと牛乳パワー
2022年07月13日
熱中症? いや、脳梗塞かもしれない! Part 1
症状の見分け方と対策
2022年02月28日
食物繊維を多く食べるほど認知症リスクが低下 食物繊維と腸内細菌の良い関係
2021年12月20日
牛乳を毎日1杯飲むと脳卒中リスクが低下 認知症リスクも低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年09月15日
ピーナッツを食べると脳卒中リスクが低下 不飽和脂肪酸や食物繊維などが豊富 日本人7万人超を調査

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2022年07月12日
女性の「心臓発作」の症状は男性とどう違う? 女性でも胸痛・発汗・息切れが多い 「性差医療」が必要
2022年03月10日
「筋トレ」の実施時間が長いほど糖尿病リスクは低下 家庭や職場で簡単にできる筋トレ
2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート