一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

慢性腎臓病(CKD)をビデオで啓発 検査を受けて予防

キーワード: 高血圧 二少(少食・少酒) 糖尿病 CKD(慢性腎臓病) 「無煙」喫煙は万病の元 三多(多動・多休・多接)

 CKD啓発動画研究会は慢性腎臓病(CKD)を啓発するビデオを制作した。

 慢性腎臓病(CKD)は、慢性的な腎臓の機能低下が長期にわたり進行している状態をさす。透析の危険性を高めるだけでなく、心筋梗塞や脳卒中などの危険因子でもある。日本での推定患者数は1300万人超、有病率は8人に1人に相当し、新たな‘国民病’として注目されつつある。
CKDは早期発見すればこわくない
 CKDは年々増加しているものの認知度は低い。自治医大学腎臓内科の安藤康宏教授らは、昨年3月に横浜と宇都宮でそれぞれ300人前後に街頭アンケート調査を実施した。得られたのは「メタボ」という言葉の単純認知度が90%前後に対して、「CKD」という言葉の単純認知度は4%というショッキングな結果だった。

 そこで、安藤教授らがよびかけ、腎臓専門医らと2011年9月「CKD啓発動画研究会」を設立、早期発見などを訴える動画をつくりインターネット上で配信を始めた。パソコンや携帯電話、スマートホンなどで気軽に見ることができる。

CKD啓発動画研究会が制作した啓発ビデオ
画面をクリックすると再生が開始されます

「あなたもCKD?」(くちびる編)

気づかない病気、CKD(かんたん解説編)

動画をご覧になるためにAdobe Flash Playerというソフトが必要です。Adobe Flash Playerは無料で配布されています。
 同研究会は広くアプローチできる動画に着目し、CKDを解説したビデオ「あなたもCKD?」と「気づかない病気、CKD」を製作。若者中心に人気の動画サイト「ユーチューブ」で公開した。それぞれ2分ほどで、高血圧や高血糖、高コレステロールなどに警鐘を鳴らし、定期検診の必要性を訴える。

 安藤教授は「有病率は40代から増えていくが、10〜20代から認知しておくと、将来の発症予防や治療につながる。若い世代にも広く知ってほしい」と期待をこめる。

検査で早期発見・治療すれば腎不全を予防できる
 慢性腎臓病(CKD)は、高血圧や糖尿病、メタボリックシンドロームと関連が深い病気だ。腎臓は体を正常な状態に保つ重要な役割を担っているため、腎臓の機能が低下し続けることで、さまざまなリスクが発生する。

 腎臓病は初期には自覚症状がほとんどないが、腎臓が一度悪くなってしまうと自然に治ることはなく、適正な治療を行わないと、どんどん進行するおそれがある。そのため医療機関を受診し、定期的に検査を受けることが重要になる。

 できるだけ早いうちに発見して治療を行うと、進行が抑えられて腎不全や心血管疾患の発症率が低下する。検査は「血液検査」と「尿検査」が行われる。

クレアチニン検査

 血液検査では血中の「クレアチニン」という老廃物の値を調べる。クレアチニンは主に筋肉の中でつくられ、不要になると糸球体でろ過されて尿として排出される。腎機能が低下すると、クレアチニンがろ過されず、血液中に残る。血液検査でのクレアチニンの値を基に「糸球体ろ過値(GFR値)」を推定することができる。糸球体ろ過値とは糸球体が1分間にろ過できる血液の量のことで、腎機能の程度を示す指標になる。
 クレアチニン検査は特定健康診査の項目に含まれないことが多く、自覚症状もほとんどないため診断が遅れがちだという。

 検査結果の項目に推定GFR値が書かれていない場合は、日本慢性腎臓病対策協議会のホームページなどに自動換算機能が設けられている。血清クレアチニン値、年齢、性別を入力すると、推定GFR値を知ることができる。

微量アルブミン検査

 尿検査では主に、尿中に現れるタンパク量を調べる。腎臓の「糸球体」では、毛細血管が血液をろ過する「膜」の働きをしている。「タンパク質」は体にとって重要な栄養素のため、本来は尿に出ることはない。しかし、何らかの原因によって「膜」の目が緩んだり壊れかかったりすると、糸球体からタンパクが漏れでて尿中に現れる。
 早期の腎症を発見するためには、微量アルブミン検査が有効だ。この検査は、非常に微量のタンパク(アルブミン)を、感度のよい方法で尿から見出だす比較的新しい検査方法。検査を受ける人にとっては、一般の尿検査の方法と変わらない。

CKD啓発動画研究会

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意

疾患 ▶ 高血圧

2021年07月12日
コロナ禍での高血圧症患者さんの過ごし方
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

疾患 ▶ CKD(慢性腎臓病)

2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
野菜3皿、果物2皿を毎日食べるともっとも健康的 食べ過ぎに注意が必要な野菜も判明 10万人を調査
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート