一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

肥満は敵? 克服するための3ヵ条

キーワード: 二少(少食・少酒) 肥満症/メタボリックシンドローム 「無煙」喫煙は万病の元 三多(多動・多休・多接)

 オーストラリアの研究者が、3つの肥満対策を施すと2型糖尿病の負担を軽減できるという研究を発表した。フランスのリヨンで5月に開催された「第19回欧州肥満学会」で発表された。

 オーストラリアでも糖尿病は急増しており、専門家の予想によると、2025年までに糖尿病有病数は200万人以上に上昇し、有病率は11.4%に達するという。

 「糖尿病は糖尿病腎症や網膜症、足病変など、深刻な合併症を引き起こす。糖尿病合併症は患者に大きな負担をもたらすだけではない。医療費や社会的な負担も深刻だ。糖尿病合併症は適切に対策すれば予防できる。糖尿病の治療は進歩しており、糖尿病とともに長生きする人は増えている。それに伴い糖尿病の医療が増えていることも課題となる」とメルボルンのベイカーIDI心臓・糖尿病研究所のJonathan Shaw教授は話す。

 Shaw教授らが提案した、糖尿病を防ぐための対策3ヵ条は次の通り――

(1)「ジャンクフード」税の導入

 肥満の原因のひとつは、カロリーは高いが、ビタミンやミネラルや食物繊維があまり含まれないスナック菓子などジャンクフード。ジャンクフード税を導入し、食品の価格を上げると消費を減らせる。結果として、体格指数(BMI)を平均で約0.5減らすことができると見込まれている。ジャンクフード税で得られた税収は、糖尿病や肥満の対策や研究費にあてる。

(2)糖尿病リスクの高い人に保健指導を実施

 血糖値が高く糖尿病を発症するリスクの高い人や、血圧の高い人に対し、集中的な保健指導を行い行動変容を促すと効果が高い。8〜12ヵ月で体重の5%以上を減らすことを目標に、▽食事でとる脂肪や飽和脂肪酸を減らす、▽食物繊維の増加、▽週に4時間以上の適度な身体活動を行う、といった6つのアドバイスを行い生活習慣改善を促す。

(3)肥満対策の徹底

 糖尿病と肥満症を合併し、肥満度の高い患者は適切な外科療法を受けられるようにする。2型糖尿病患者についても、重症肥満に対する治療として外科治療(減量手術)を行うことで、長期間の減量効果が維持されることが臨床試験で確かめられている。

 「このうちもっとも有効なのは、生活スタイル介在プログラムを集中して実施することだろう。糖尿病を発症する危険性の高い人を早い時期にみつけ、生活習慣を健康的に変えていく対策を行うことは、糖尿病を発症したときでも、将来の合併症の発症の予防につながる」と研究者らは述べている。

19th European Congress on Obesity

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年12月15日
「早食い」は肥満や体重増加につながる ゆっくり味わって食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月10日
肥満は糖尿病の人にとって大敵 体重をコントロールして糖尿病を改善 成功するためのコツは?
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月19日
【新型コロナ】糖尿病と肥満の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月01日
肥満の人は日常生活動作(ADL)が低下しやすい 健康寿命も短縮 若い頃から健康な生活で対策を

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート