一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

8割の医療スタッフ 「非肥満のリスク保有者への対応が必要」との声 [アンケート調査結果]

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 健診・保健指導

 特定健診・特定保健指導リソースガイドは、特定健診・特定保健指導制度が5年目を迎える今年、これまで厚生労働省の検討会で議論されている「特定健診・特定保健指導制度の見直し項目について」、メールマガジン登録者及びホームページ上にてアンケート調査を実施し、その調査結果を公開した。

 厚生労働省では、2011年12月から特定健診・特定保健指導制度の在り方についての検討会を複数回実施しており、4月13日には、これまでの意見をまとめた「中間とりまとめ」を発表している。検討会のなかでは、▽非肥満(腹囲非該当)のリスク保有者の対応や、▽健診項目の見直し、▽特定保健指導のポイント制の在り方などについて議論を重ねてきた。

 アンケート調査では、検討会の議論に上がった項目について、見直しが必要と考える理由・意見を保健指導に携わる専門職の方にうかがった。

非肥満(腹囲非該当)のリスク保有者の対応が課題
 厚生労働省の検討会で議論されている項目のうち、どの項目について関心があるか聞いたところ、80%以上の方が「非肥満(腹囲非該当)のリスク保有者の対応」を選択した。その理由として、「特定保健指導対象者以外でも多くの要指導者がいることを現場で実感しているため」など、保健指導の現場において“非肥満のリスク保有者”が多くみられるといった意見が多かった。

 次いで、多くの関心を集めたのは、「健診項目の見直し(血清クレアチニンの追加)」(59.2%)、「特定保健指導のポイント制の在り方」(45.1%)、「高血圧者、喫煙者に対する保健指導」(45.1%)などの項目が上がった。

 また、特定健診・特定保健指導制度の見直し項目について、回答者からいただいたご意見の一部を紹介している。

■厚労省の検討会で議論されている項目のうち、どの項目について関心がありますか?

結果の詳細やご意見の紹介は、特定健診・特定保健指導リソースガイド「アンケート調査結果報告」をご覧ください。

特定健診・特定保健指導リソースガイド

「アンケート調査結果報告」
[mhlab]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年03月26日
【健やか21】「日本脳炎ワクチン供給不足が見込まれる現状についてのお知らせ」の掲載について(日本小児科学会)
2021年02月12日
【健やか21】「地域の実情に応じたアウトリーチ型家庭教育支援の取組事例」の掲載について(文部科学省)
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート