一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

運動に積極的に取り組むコツ 日本健康運動研究所

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 三多(多動・多休・多接) 身体活動・運動不足

 日本健康運動研究所(代表:菅野隆・健康運動指導士)はホームページで、日常生活に上手に運動を取り入れる「健康運動」を紹介している。

日常生活ですぐに役立てられる
健康運動を系統立てて解説している。
 日本健康運動研究所ホームページ

ハーフスロースクワット

 身体活動や運動の量の多い人は、そうでない人に比べ、循環器疾患などの発症リスクが低いことは、さまざまな研究で確かめられている。世界保健機構(WHO)は、高血圧、喫煙、高血糖に次いで、運動不足を死亡の危険因子の第4位に定めた。その対策として、「健康のための身体活動に関する国際勧告」を2010年に発表した。運動不足は高齢者の認知機能や運動器機能の低下などの低下と関連があることもあきらかになっている。

 運動不足から引き起こされる健康問題を解消するためには、運動習慣を生活に取り入れることが重要だ。厚生労働省の「健康づくりのための運動指針2006(エクササイズガイド2006)」では、生活習慣病予防のために“週23メッツ・時”の運動を推奨している。これは日常での歩数に換算すると1日8,000〜1万歩以上に相当する。

 しかし、日本人の現状は遠く及んでいない。国民健康栄養調査によると、1日の平均歩数は1997年には男性8,202歩だったのが、2009年には7,243歩に減少した。女性でも7,282歩から6,431歩と、約1,000歩減少した。1日1,000歩は約10分の運動に相当する。

 国が進める国民健康づくり運動「健康日本21」の最終評価では、30分・週2回の運動を1年以上継続している人の割合は、男性では28.6%(1997年)から32.2%(2009年)に、女性では24.6%(同)から27.0%(同)にそれぞれ微増した。しかし、60歳未満では増加しておらず、特に女性では減少がみられる。

 日本健康運動研究所代表の菅野隆氏は「運動に対しきつい、苦しい、時間がない、面倒、疲れる、苦手といった否定的なイメージをもつ人が多くみられます。運動は本来は毎日の生活そのもので、通勤したり、家事をしたり、暮らしの中で体を動かす身体活動すべてが“運動”になります。それらを積極的に実践するだけでも十分に健康増進効果が得られます」と話している。

 高齢者の歩行速度は、65歳以降、ゆるやかに直線的に低下する。日本整形外科学会などが提唱する「ロコモティブ シンドローム」は、運動器の障害のために自立度が低下し、介護が必要となる危険性の高い状態をさす。

 「歩行機能の維持向上のためには、高齢者での運動器の健康維持はとりわけ重要です。健康増進や体力向上など、目的や意図をもって余暇時間に運動に取り組むことで、1人ひとりの抱える個別の健康問題を効率的に改善することができます。ぜひ運動に積極的に取り組んで欲しい」と菅野氏はアドバイスしている。

 日本健康運動研究所ホームページでは、効率的・効果的な運動の取組み方を豊富な図・写真を交えて、体系立てて具体的に紹介している。

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月06日
「ヨガ」「太極拳」にストレス解消とリラックスの効果 初心者も気軽に自宅でできる
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
【新型コロナ】起床・朝食が遅くなった子供で運動不足や栄養バランスの乱れが 規則正しい食事・睡眠が大切
2022年06月06日
余暇に軽い身体活動をするほど健診結果は良くなる 活動量の実測データにもとづく世界初の研究
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート