一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

座ってる時間が長いと死亡リスクが上昇 運動を奨励

キーワード: 三多(多動・多休・多接) 身体活動・運動不足

 座ったまま過ごす時間が長いと健康に悪影響があらわれるという研究がオーストラリアで発表された。「身体活動や運動に費やす時間と関係なく、立ったまま過ごす時間を増やせば、3年以内に死亡する危険性を減らせる」と研究者は述べている。
座ったまま過ごす時間を減らす工夫が寿命を延ばす
 オーストラリア・シドニー大学のHidde van der Ploeg氏(公衆衛生学)らは、22万人超の成人を対象に1日当たりの座位時間(座っている時間)と全死亡(全ての原因による死亡)リスクとの関連について検討した。

 この研究は、公的医療保障制度「メディケア・オーストラリア」に加入する45歳以上の男女約26万人を対象に実施されている大規模研究「45 and Up Study」の成果。米医学誌「Archives of Internal Medicine」に発表された。

 「今回の研究で、重要な公共衛生上の問題点が示された。座ったまま過ごす時間を減らし、朝の時間にウォーキングを行ったり、ジムに通うといった生活習慣はやはり必要だ。仕事や交通機関での移動、家などで過ごす座位時間をなるべく減らし、立ちあがり歩いたり運動することを奨励すべきだ」と研究者らは話す。

 Ploeg氏らは、オーストラリア・サウスウェールズ州に在住している45歳以上の男女を対象に、1日24時間当たりの座位時間などの回答が得られた22万2,497人を対象に検討を行った。

 対象者の62.0%は過体重か肥満で、1日当たりの座位時間が8時間を超えていたのが25.2%、1週間当たりの身体活動時間は150分を超えていたのが75.0%だった。

 1日当たりの座位時間を、0〜4時間未満(1,125人)を比較対照として、4〜8時間未満(2,489人)、8〜11時間未満(1,142人)、11時間超(649人)に時間ごとで区切り比較した。平均2.8年の追跡期間に5,405人が死亡した。

 対照群と比べた全死亡リスクは、4〜8時間未満群で1.02倍、8〜11時間未満群で1.15倍、11時間超群で1.40倍となり、座位時間が長くなるほど全死亡リスクは上昇した。また、座位時間が短い場合に死亡率がどれだけ低下するかを示す人口寄与割合(PAF)は6.9%に相当することが示唆された。

 結果を受けてPloeg氏らは、「座位時間が長くなるほど、全死亡リスクの上昇に関連することが認められた」と結論付けている。身体活動が健康に及ぼす効果について多くのエビデンスが報告されているが、座位時間の健康への直接的な影響について検討した研究は多くない。

 「世界で心臓病が原因で亡くなる人は年間1,700万人に上る。運動不足は心臓病の主要な危険因子だ。余暇時間をテレビ視聴やテレビゲームに費やす人が多く、座ったまま体を動かさないでいる時間が増えている。しかし、立ち上がって体を動かしたほうが健康に良いことはあきらかだ」とオーストラリア心臓財団のTony Thirlwell氏は述べている。

Stand up: your life could depend on it(Sax Institute)
The 45 and Up study

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月06日
「ヨガ」「太極拳」にストレス解消とリラックスの効果 初心者も気軽に自宅でできる
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
【新型コロナ】起床・朝食が遅くなった子供で運動不足や栄養バランスの乱れが 規則正しい食事・睡眠が大切
2022年06月06日
余暇に軽い身体活動をするほど健診結果は良くなる 活動量の実測データにもとづく世界初の研究
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート