一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

子供の肥満対策は家族全体で取り組むと効果的

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 三多(多動・多休・多接)

 肥満や過体重の子供の肥満を解消するための対策は、子供だけでなく、その親にも介入するのが効果的とする研究が米国で発表された。「親が率先して手本を示すと、子供の生活習慣を改善は成功しやすい」と研究者らは指摘している。

 研究は、大学病院や診療所の医師、栄養士などの医療スタッフ、心理療法士を対象としたもので、肥満のある子供の生活習慣改善に対し親や養護者がどう関わるとよいかを調査した。

 「子供の肥満問題について多くの家庭を調査したところ、子供の生活スタイルに影響力をもっとももっているのはその親であることが分かった」と米国心臓学会(AHA)のMyles S. Faith・ノースカロライナ大学准教授(栄養学)は話す。「したがって、大人が自分の生活スタイルをより健康的に変えていくことが効果的だ」。

 子供の肥満改善の効果の高かった家庭では、次のような共通点がみられた――
  • 生活習慣のどこを改善すれば良いかを理解している。
  • 例えば「テレビの視聴時間は1日2時間を超えないようにする」といった目標を決め、達成度もはっきりさせている。
  • 家庭に健康的な嗜好をもちこんでいる。例えば「子供がカロリーの高いデザートではなく、いろいろな果物に手を伸ばしやすいよう、環境を変える」など。
  • 子供を叱るのではなく、なるべく誉めてあげる。子供が迷ったら別の選択ができるよう手助けをする。
  • 食事を報酬や罰の代わりにしない。
  • 達成度をノートやインターネットで記録している。
 研究者らは「子供の肥満の問題は複雑なので、解明するにはさらなる研究が必要だ。多民族を対象に調査する必要もある」と述べている。

Family focus may help obese kids to succeed in treatment(2012年1月23日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート