一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

ブドウ果実の白い粉に生理活性機能 阪大など合成成功

キーワード: 脂質異常症(高脂血症) 動脈硬化 歯周病 抗加齢(アンチエイジング)

 大阪大学(阪大)、横浜市立大学、理化学研究所(理研)、東京工業大学(東工大)、キリンホールディングス、サントリービジネスエキスパート、神戸大学の7者は、ブドウ果実の表面につく白い粉「ブルーム」の主要成分の酵素遺伝子をあきらかにし、この遺伝子を導入した組み換え酵母でオレアノール酸を合成することに成功したと共同で発表した。

 今回の研究成果は大阪大学大学院工学研究科の村中俊哉教授らによるもので、日本植物生理学会が発行する国際学術誌「Plant and Cell Physiology」に近日掲載される予定。

 ブルームと呼ばれるブドウ果実表面に見られる白い粉は、しばしば農薬やカビと勘違いされることがあるが、実はブドウ自身が作り出す物質だ。ブドウだけでなく、オリーブ、シソなどにも含まれている。

 この白い粉の主成分はオレアノール酸で、抗炎症作用、抗腫瘍活性などをもつほか、口腔内で虫歯や歯周病の原因となる病原菌の生育抑制、アンチエイジングなどの生理活性などが知られている。

 オレアノール酸は、植物でしか生産されないため、天然物(植物の根や果皮)から抽出して利用するしかない。また、β-アミリンなどからの有機合成による変換も難しいので、オレアノール酸などの28位にカルボキシ基を有する五環性トリテルペン化合物を効率的に合成する手法が求められる。

 研究チームは、オレアノール酸の生合成の鍵となる酵素遺伝子を同定し、さらに、生合成遺伝子を導入した組換え酵母でオレアノール酸、ウルソール酸、ベツリン酸を生産することに成功した。

 オレアノール酸などのトリテルペンは、化粧料・機能性食品素材や医薬品などの原材料として期待されている物質。植物にさまざまなトリテルペンが混在しており、個々の含有量が低く、純粋なものとして精製するために大幅なコストが必要だった。今回の研究成果をもとに、組換え酵母における生産性の向上を進めれば、発酵工業的手法でオレアノール酸などトリテルペンを生産できるようになると期待されている。

ブドウのまわりの白い粉をつくる遺伝子を発見(大阪大学、横浜市立大学、理化学研究所 他 2011年12月15日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

疾患 ▶ 歯周病

2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2020年12月14日
「歯周病」が肥満・メタボ・サルコペニアを悪化させる 腸内フローラを変化させ骨格筋の代謝異常を引き起こす
2020年01月09日
7月12日は「人間ドックの日」 ロゴマークの募集を開始 日本人間ドック学会
2019年07月04日
歯の喪失 糖尿病や骨粗鬆症があるとリスクが増加 口腔ケアが大切
2018年11月01日
歯周病を治療すると糖尿病のコントロールが改善 合併症リスクも低下

疾患 ▶ 動脈硬化

2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月18日
ウォーキングなどの運動は「1日にわずか12分」でも効果がある 運動など生活スタイル改善の指導を容易に
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2018年08月24日
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要
2018年08月06日
2016年度の特定健診の実施率は51.4% 特定保健指導は18.8%で伸び悩み
2018年08月06日
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に
2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート