一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

脂肪はより少なく、食物繊維はより多く 野菜や全粒粉を摂ろう

キーワード: 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 心筋梗塞/狭心症 三多(多動・多休・多接) 健診・保健指導 抗加齢(アンチエイジング)

 食物繊維を十分にとる食事は、若者の心疾患や2型糖尿病の危険性を低下させるという、米ミシガン州立大学の研究チームによる研究が発表された。

 研究者らによると、野菜や穀類を中心とした食物繊維が多く栄養価の高い食事は、コレステロールや飽和脂肪酸を制限した食事よりも、高血圧や腹部脂肪の蓄積などの危険因子が重なり発症するメタボリックシンドロームの危険性を抑える点で有利だという。この研究は米国栄養学会の学会誌に発表された。
食物繊維を十分にとる食事の方が有利
 研究チームは1999年〜2002年に行われた米国健康・栄養調査(NHANES)の12〜19歳の少年少女2128人のデータをもとに、食事とメタボとの関連を検討した。食物繊維の摂取量がもっとも少ないグループのメタボのリスクは9.2%で、もっとも多いグループの3.1%に比べ3倍高いことが分かった。一方で、飽和脂肪酸やコレステロールの摂取量とメタボのリスクには有意な関係性が示されなかった。

 「食物繊維が十分に含まれる栄養価の高い食事には、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素も豊富に含まれ、心臓血管の健康のためにも好ましい。メタボの危険性を抑えるために、食物繊維の摂取量を増やすことが有利であることはあきらかだ」とミシガン州立大の心臓血管・スポーツ栄養学部のJoseph Carlson氏は話す。

 「飽和脂肪酸が悪玉(LDL)コレステロールを上昇させることはよく知られている。10代の若者が飽和脂肪酸やコレステロールの多い食事をとっても良いというわけではないが、我々の研究では食物繊維の多い食事をとった方がより効果的であることが示された。一般的には飽和脂肪酸やコレステロールを抑えた食事が健康的と思われがちだが、実際には食物繊維を十分にとる食事に着目した方が有利かもしれない」とCarlson氏は説明する。

若い頃に身についた食習慣は中高年以降も続く
 現代の食生活では加工食品を利用する頻度が高いが、飽和脂肪酸やコレステロールの摂取を減らすことは決して難しいことではない。しかし実際には、米国の栄養調査によると、若者は糖質の多い清涼飲料やジャンクフードから30%を摂取し、穀類や野菜を原料とした食物繊維の多い栄養価の高い食品を十分にとれていないという。

 若者の平均的な食生活では、野菜、果物、全粒粉、豆類の摂取量が少ないために、食物繊維の摂取量は1日約13gにとどまっている。一方、食物繊維の推奨される摂取量は、10代の男女ではそれぞれ38gと26gとなっている。

 メタボや2型糖尿病と関連の深い肥満などの危険因子は、若い頃の生活習慣により形成される。高血圧、高血糖、高コレステロール、低HDH(善玉)コレステロール、過剰な腹囲周囲径といった危険因子のうち3つ以上をもっている人がメタボと判定される。研究によると、10代の若者の70%以上は危険因子を1つ以上をもっているという。こうした若者が齢をとり中高年になると、2型糖尿病などの生活習慣病を発症する危険性が高まる。

 「心疾患の発症を予防するために、どのような食事をすると、食物繊維の摂取を増やすことができるか、有効な対策を考えださなければならない段階にある。食事は楽しみが伴わないと長続きしないが、多くの人は食事に楽しさと簡便の両方を求めている。我々は、食事の食物繊維の摂取量を高めるために、野菜や穀類など多彩な食材を使った料理を取り入れることを推奨し、テイクアウト中心の外食産業などに働きかけている」とCarlson氏は述べている。

 例えば、野菜や果物の摂取量が少なくて、1日3サービング程度(食物繊維12g)しかとれていない人では、1サービングを豆類にすると食物繊維は7g追加でき、3サービングを全粒粉にすると食物繊維を30gに増やすことができるという。

More fiber, but not necessarily less fat, good for teen diets(ミシガン州立大学 2011年11月10日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年07月05日
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援に対する御礼(IFL本部)
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年05月16日
「大麦」を食べている日本人の腸内環境は良好 食物繊維の豊富な大麦が善玉菌を増やす?
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施

疾患 ▶ 高血圧

2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年04月13日
奥歯の噛み合わせが悪い高齢者は、高血圧リスクが1.7倍に上昇 口の健康が身体機能の維持に関連
2022年02月28日
体重計はもっていても使わない人が45% 体重測定をしない理由は男性は「面倒くさい」 女性は? 意識調査

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2022年06月06日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2022年05月16日
「大麦」を食べている日本人の腸内環境は良好 食物繊維の豊富な大麦が善玉菌を増やす?
2022年04月13日
生活スタイル改善は若い頃から開始する必要が 30代の高血糖や脂質異常はアルツハイマー病のリスクを高める
2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年03月26日
【健やか21】「日本脳炎ワクチン供給不足が見込まれる現状についてのお知らせ」の掲載について(日本小児科学会)
2021年02月12日
【健やか21】「地域の実情に応じたアウトリーチ型家庭教育支援の取組事例」の掲載について(文部科学省)
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2022年07月12日
女性の「心臓発作」の症状は男性とどう違う? 女性でも胸痛・発汗・息切れが多い 「性差医療」が必要
2022年03月10日
「筋トレ」の実施時間が長いほど糖尿病リスクは低下 家庭や職場で簡単にできる筋トレ
2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2018年08月24日
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要
2018年08月06日
2016年度の特定健診の実施率は51.4% 特定保健指導は18.8%で伸び悩み
2018年08月06日
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に
2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート