一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

米国の新しい栄養表示 食品に栄養ポイントを表示

キーワード: 健診・保健指導

 米国連邦政府機関は、食品に付ける新しい栄養ラベルを開発していると発表した。新しい栄養表示ではカロリーとともに砂糖、ナトリウム、飽和脂肪酸、トランス脂肪酸、カロリーを記号を使いポイントで表示し、消費者が分かりやすくしてあるという。報告書作成委員では「栄養ラベルは全ての食品や飲料などに表示するべきだ」としている。

 「食品包装に栄養ラベルを貼り付ける栄養評価制度により、消費者は自分に必要なカロリーと栄養バランスを理解できるようになる。カロリーや飽和脂肪酸など過剰に摂取すると不健康とされる食品と、それら抑えた健康的な食品を見分けられるようになり、肥満や2型糖尿病などの慢性疾患の抑制につながる。食品メーカーも消費者に支持されるよう、より健康的な食品を作るようになるだろう」とノースウェスタン大学メディア人間開発センターのEllen Wartella氏は話す。

 摂取を減らしたいカロリーや、砂糖、ナトリウム、飽和脂肪酸、トランス脂肪酸を抑え推奨量に近い量に調整してあると、栄養表示のポイントが高くなる。ポイントが高いほど健康的な食品であることが分かるようにする。

 「米国人のための食事ガイドライン2010年版」では、糖分を多く加えた高カロリーの食品の利用を減らすことを推奨している。こうしたジャンクフードはポイント表示の対象とならない。

 例えば、100%の全粒粉の小麦パンは3ポイントを表示できるが、グラハムクラッカーはナトリウムと飽和脂肪酸が多く含まれるので2ポイントしか表示できない、といった具合だ。ポイントは米国食品医薬品局(FDA)が判定し、視覚的に分かりやすい星などのアイコンで表示される予定。

 スーパーや食料品店などの消費者が、生鮮品、冷凍野菜、缶詰のスープといった食品に合わせて、朝食用の加工食品を購入するときに、ポイント表示を見比べて、より健康的な食品を選択できるようにすることを目指している。その場合、食品のポイント表示を分かりやすいよう、陳列も工夫する必要があるという。

Calorie Count Plus Points Based on Added Sugars, Sodium, and Saturated and Trans Fats Recommended as New Front-of-Package Nutrition Labeling System(National Academy of Sciences 2011年10月20日)

[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年03月26日
【健やか21】「日本脳炎ワクチン供給不足が見込まれる現状についてのお知らせ」の掲載について(日本小児科学会)
2021年02月12日
【健やか21】「地域の実情に応じたアウトリーチ型家庭教育支援の取組事例」の掲載について(文部科学省)
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート