一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

肥満対策:教材提供と集団型支援の減量効果が高い 筑波大

キーワード: 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 三多(多動・多休・多接)

 筑波大学・大学院人間総合科学研究科の研究グループ(中田由夫・疾患制御医学専攻助教)は、6ヵ月間の減量プログラムの効果検証を行い、人的コストのかからない教材提供のみを活用した介入手段でも減量効果を得られるが、集団型支援を加えると減量効果をさらに高められることを確かめたと発表した。

 筑波大学の研究グループは、動機づけ支援に、テキストや食事記録ノートなどの教材、集団型支援を組合わせた「スマートダイエット」というプログラムを開発してきた。

 「スマートダイエット」は、初回の動機づけ支援と、テキストや食事記録ノートなどの教材提供、15〜30人規模での集団型減量支援によって構成されるプログラム。大学発ベンチャー企業であるTHFが事業展開している。

 これまでに、3ヵ月間で平均8kgの減量に成功するなど実績を上げている。しかし、この実績はプログラム全体の減量効果であり、プログラムを構成する各要素が単独でどの程度の効果を有するかについては不明だった。

どの減量プログラムが効果が高いかを検証
 最近の研究では、食事制限における摂取エネルギー量の設定値、介入頻度、減量効果の出にくい糖尿病患者が対象集団に含まれているかどうかが、減量効果に影響することが分かっている。

 今後の課題として、教材提供や集団型支援など、それぞれのプログラムにどの程度の減量効果があるかを検証する、追跡率の高い介入研究が求められている。

 2008年度から実施されている特定保健指導では、低リスク者に対しては情報提供のみ、中リスク者に対しては動機付け支援のみが行われている。実際には、常に物的、人的コストをかけた健康支援事業を展開できるとは限らない。

 研究によって、減量プログラムのそれぞれの構成要素の有効性があきらかになれば、かけられるコストと目指す減量効果に応じて、減量プログラムの構成要素を選択できるようになる。

 そこで研究チームは、肥満などの軽微なリスクをもつ男女188人に対して、(1)動機付け支援のみで減量する対照群、(2)教材提供を追加する弱介入群、(3)集団型支援を追加する強介入群の3群にランダムに割り付け、減量プログラムの各構成要素の減量効果をあきらかにするランダム化比較試験を実施した。

余裕がなければ動機付け支援と教材提供だけでも有効
 研究はJA茨城県厚生連の支援を受けて実施された。同厚生連は県内に6つの病院施設をもっており、そのうちのひとつである水戸協同病院で研究を行った。

 研究参加者は、肥満の判定基準となっている体格指数(BMI)が25以上40未満で、かつメタボリックシンドロームの構成因子である腹部肥満、脂質異常、高血圧、高血糖の4つの因子のうち、1つ以上の因子を保有する男女。

 213人がベースライン測定を受診し、条件に合致する188人に対して動機付け支援講義を行った。その後、ランダムに3群に割り付けし、弱介入群には教材(テキスト、記録用ノート、歩数計)を提供し、強介入群には教材に基づく集団型支援を6ヵ月間で8回行った。

 その結果、6ヵ月間の体重減少量は、(1)の対照群で2.9kg、(2)の弱介入群で4.7kg、(3)の強介入群で7.7kgとなり、教材提供による減量効果は1.8kg、集団型支援による減量効果は3.0kgであることが示された。

 これにより、人的コストがかけられない状況では動機付け支援と教材提供だけでも有効な介入手段となるが、集団型支援はその効果をさらに高める介入手段であることがあきらかになった。

 この研究成果は、欧州肥満学会誌「Obesity Facts」6月号に発表された。

筑波大学
筑波大学次世代医療研究開発・教育統合センター
JA茨城県厚生連生活習慣病学寄附講座
(株)THF

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年12月15日
「早食い」は肥満や体重増加につながる ゆっくり味わって食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月10日
肥満は糖尿病の人にとって大敵 体重をコントロールして糖尿病を改善 成功するためのコツは?
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月19日
【新型コロナ】糖尿病と肥満の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月01日
肥満の人は日常生活動作(ADL)が低下しやすい 健康寿命も短縮 若い頃から健康な生活で対策を

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート