一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

新しい善玉蛋白質「アディポリン」を発見 インスリン抵抗性を改善

キーワード: 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 動脈硬化

 名古屋大学の研究者がこのほど、脂肪細胞から産生される新しい善玉の蛋白質「アディポリン」を発見したと発表した。脂肪細胞から産出されるアディポリンには、脂肪組織の炎症を抑え、インスリン抵抗性、糖尿病を改善する作用があるという。今後はアディポリンが、肥満症などの生活習慣病の原因の解明や治療法の開発の標的分子になる可能性がある。

 研究は、名古屋大学医学部・大学院医学系研究科の大内乗有教授(分子循環器学)と、室原豊明教授(循環器内科学)らの研究チームによるもので、米科学誌「The Journal of Biological Chemistry」電子版に発表された。

 脂肪組織から産生されるさまざまホルモンが、肥満をともなう2型糖尿病などに大きく関わることが、最近の研究であきらかになっている。その中にはまだ発見されていないホルモンもあり、脂肪から産生されるホルモンに関する研究は、肥満や糖尿病などの原因解明につながるために重要視されている。

 研究チームは、肥満マウスとやせマウスの脂肪組織における発現遺伝子の解析過程で、体内の脂肪細胞が産生している未知のホルモンを発見した。この新しい蛋白質が脂肪細胞に多量に発現し、インスリン感受性を高めることをマウスを使った実験で確かめ、「アディポリン(adipolin:adipose-derived insulin-sensitizing factor)」と命名した。

 アディポリンは脂肪細胞に多量にあるが、脂肪細胞に炎症を起こしたり、ストレスを受けるとその発現は低下する。また、肥満糖尿病マウスの脂肪組織ではアディポリンの発現は低下しているという。

 肥満糖尿病のマウスにアディポリンを投与すると、脂肪組織の炎症が軽減し、体重の増加や血糖値の上昇が抑えられ、インスリン抵抗性や糖代謝異常が改善した。

 また、培養マクロファージにアディポリンを添加してみたところ、炎症性サイトカインの発現が抑えられることが判明。この結果から、アディポリンは炎症性反応を抑制する糖代謝改善作用をもつ脂肪細胞由来ホルモンであることがあきらかになった。

 アディポリンの機能が詳しくわかれば、肥満症を基盤とする生活習慣病の原因の解明につながる。アディポリンは肥満状態で低下するため、その量を増加させたり働きを良くすることが、肥満症や糖尿病、動脈硬化症など生活習慣病の予防法、治療法の開発につながる可能性がある。

名古屋大学医学部・大学院医学系研究科

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年12月15日
「早食い」は肥満や体重増加につながる ゆっくり味わって食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月10日
肥満は糖尿病の人にとって大敵 体重をコントロールして糖尿病を改善 成功するためのコツは?
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月19日
【新型コロナ】糖尿病と肥満の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月01日
肥満の人は日常生活動作(ADL)が低下しやすい 健康寿命も短縮 若い頃から健康な生活で対策を

疾患 ▶ 動脈硬化

2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月18日
ウォーキングなどの運動は「1日にわずか12分」でも効果がある 運動など生活スタイル改善の指導を容易に
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート