一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

運動で内臓脂肪を燃焼 より確かなのは「有酸素運動」 米研究

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 脂肪肝/NAFLD/NASH 三多(多動・多休・多接) 抗加齢(アンチエイジング) 身体活動・運動不足

有酸素運動の代表格はウォーキング。いつでも・どこでもマイペースで行えるウォーキングは、運動の中でもとりわけ人気が高い。

運動は健康の維持だけでなく、病気の治療のひとつとしても行われる。糖尿病など生活習慣病のある人では、病気の状態によっては、運動が逆効果になってしまうこともある。

運動療法を始める前と、始めた後も、主治医に相談し、年1回はメディカルチェックを受けよう。

 「有酸素運動」と「筋力トレーニング(レジスタンス運動)」のどちらが、内臓脂肪を減らす運動としてより適しているのか? 米国で行われた調査研究では、有酸素運動に軍配があがった。
食生活の改善や運動で内臓脂肪を減少
 腹部脂肪(内臓脂肪)に高血糖、高血圧、高脂肪などの要因が重なり起こるのがメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)。内臓脂肪がたまり、血糖を下げるインスリンの効きが悪くなるインスリン抵抗性が起こると、動脈硬化が進展しやすくなり、2型糖尿病や心臓病、がんなどの危険性が高くなる。予防・改善するために、内臓脂肪を減らすことが大切となる。

 「健康をおびやかす要因として、単に肥満や過体重であることを識別するよりも、脂肪が体のどの部位にたまっているかをみることが重要だ」と米デューク大学のCris Slentz氏(運動生理学者)は話す。

 内臓脂肪型肥満や、脂肪肝を原因とする非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を改善するためには、食生活の改善や運動で体重を2〜3kg減らすことが勧められている。「不要な脂肪を効果的に取り除くためには、どんな運動がもっとも有用であるかを解明する必要がある」とSlentz氏は話す。

 米デューク大学医療センターで行われた研究は、デスクワーク中心の生活をしており運動不足の18〜70歳の米国人196人を対象としている。対象者を3群に無作為に分け、「有酸素運動のみ」、「レジスタンス運動のみ」、「2種類の運動の組合わせ」に取り組んでもらった。研究は8ヵ月間にわたり行われた。

有酸素運動から始めるのがベター
 有酸素運動の群には、1週間あたり12マイル(約19.31km)を最大心拍数の80%のペースでジョギングしてもらった。レジスタンス運動の群には、8〜12回の重量上げなどの筋力トレーニングを中心に週3日、8〜12セットを行ってもらった。運動プログラムは被験者の体力に合わせて適切にコントロールされ、指導者がそれぞれが最大限に運動に取り組めるようアドバイスした。

 その結果、有酸素運動はレジスタンス運動に比べカロリーを67%も多く燃やし、脂肪肝や内臓脂肪を改善しただけでなく、空腹時血糖値やインスリン抵抗性の改善においても有利であることが判明した。

 「レジスタンス運動により筋肉が鍛えられると、体のエネルギー消費量が増える利点がある。しかし、すでに過体重や肥満である場合は、エネルギー消費量を増やし、余計に付いた脂肪をなくすために、有酸素運動を始めた方がより利点が大きいことが示された。米国の成人の3分の2が該当する」とSlentz氏は強調する。

 「内臓脂肪を減少するために、中等度の有酸素運動に筋力トレーニングを組合わせると効果的」との研究も報告されている。これに対しSlentz氏は「肝心なのは、運動に取り組む人が自分が実際にどれだけ運動したかを知り、どれだけの距離・歩数を歩いたかをはかり、どれだけのカロリーを燃焼したかを理解することだ。有酸素運動を行わないと、余計な脂肪を燃焼し減量するのは難しくなるだろう」と答えている。

Aerobic Exercise Bests Resistance Training at Burning Belly Fat(デューク大学 2011年8月25日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年12月15日
「早食い」は肥満や体重増加につながる ゆっくり味わって食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月10日
肥満は糖尿病の人にとって大敵 体重をコントロールして糖尿病を改善 成功するためのコツは?
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月19日
【新型コロナ】糖尿病と肥満の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月01日
肥満の人は日常生活動作(ADL)が低下しやすい 健康寿命も短縮 若い頃から健康な生活で対策を

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2021年12月22日
ウォーキングなどの運動は糖尿病を改善する「魔法の薬」 運動を増やして、座ったままの時間は少なく
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月25日
世界骨粗鬆症デー 糖尿病の人は骨折に注意 40歳過ぎたら骨を強くする対策を

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2018年08月24日
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要
2018年08月06日
2016年度の特定健診の実施率は51.4% 特定保健指導は18.8%で伸び悩み
2018年08月06日
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に
2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに

疾患 ▶ 脂肪肝/NAFLD/NASH

2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
なぜ体重は正常なのに「代謝異常」に? 体脂肪の「質」が肥満・メタボや糖尿病に影響 順天堂大学
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート