一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

「肥満になると血圧が上がる」メカニズムを解明 東北大

キーワード: 高血圧 肥満症/メタボリックシンドローム 脂肪肝/NAFLD/NASH

 肥満になると高血圧になるメカニズムを東北大大学院医学系研究科の片桐秀樹教授(代謝学)、宇野健司助教(分子代謝病態学)、岡芳知教授らの研究グループが解明した。肝臓に脂肪がたまったときに生じる神経信号が関与し、高血圧が引き起こされるという。
体重を増やさないメカニズムが高血圧を誘発
 摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ると、余分なエネルギーは中性脂肪などにつくりかえられ、体にたくわえられる。中性脂肪は内臓脂肪や皮下脂肪に加え、肝臓にも蓄えられる。

 研究者らによると「もともと体には過食の際に代謝を活発にし、体重が増えないようにするメカニズムが備わっている」という。肝臓には摂取エネルギーに応じて脂肪の蓄積量が変える「調整機能」がある。肝臓がエネルギー蓄積のセンサーとして働き、栄養をとりすぎると基礎代謝を活発にし、体重が増えないように調節していると考えられている。

 しかし現代人の食生活では、過食や多量飲酒などでエネルギーのとりすぎが日常化している。そのため、肝臓に備わっている体を守るためのに調整機能が、逆に交感神経を活性化させてしまい、高血圧の発症につながっているおそれがあるという。

肝臓からの神経信号が関与 メタボの新たな治療法へ
 交感神経が活性化すると血圧が上昇し、肥満の人では交感神経が活性化しやすい傾向があることは、これまでも分かっていた。

 研究グループは以前の研究で、肝臓に脂肪が蓄積したときに出る神経信号が、過食時に交感神経活動を高め、代謝を活発にすることを発見。肝臓がエネルギー蓄積のセンサーとして働き、体重をすぐに増えないようにしていることを解明していた。

 肥満でないマウスを使い、肝臓の脂肪を増やす遺伝子を注入したところ、血圧が上昇することを確認。この肥満マウスで肝臓が発信する神経信号を遮断すると、血圧上昇が起こらなかった。さらに、肥満のマウスでも神経信号を遮断すると、非肥満のマウスと同様に血圧が上昇しなかった。この神経信号が肥満の際の血圧上昇に関わることを突き止めた。

 過食や運動不足などの生活習慣が原因となる肥満は、糖尿病・高血圧・高脂血症などを併発し、メタボリックシンドロームにつながる。メタボ患者では、動脈硬化が起こりやすく、患者数も増えており、医学的にも社会的にも大きな問題となっている。

 研究者らは研究成果について「メタボリックシンドロームの主徴候である高血圧が生じるメカニズムを解明し、発症機序にもとづく新たな治療法の開発にもつながる」と述べている。

 研究は、欧州循環器学会誌「European Heart Journal」オンライン版に8月9日付で発表された。

「肥満になると血圧が上がる」メカニズムを解明 〜メタボリックシンドロームの発症機序明らかに〜(東北大学 2011年8月9日)
Hepatic peroxisome proliferator-activated receptor-γ--fat-specific protein 27 pathway contributes to obesity-related hypertension via afferent vagal signals
European Heart Journal, 2011, doi: 10.1093/eurheartj/ehr265

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 高血圧

2021年07月12日
コロナ禍での高血圧症患者さんの過ごし方
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年12月15日
「早食い」は肥満や体重増加につながる ゆっくり味わって食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月10日
肥満は糖尿病の人にとって大敵 体重をコントロールして糖尿病を改善 成功するためのコツは?
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月19日
【新型コロナ】糖尿病と肥満の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月01日
肥満の人は日常生活動作(ADL)が低下しやすい 健康寿命も短縮 若い頃から健康な生活で対策を

疾患 ▶ 脂肪肝/NAFLD/NASH

2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
なぜ体重は正常なのに「代謝異常」に? 体脂肪の「質」が肥満・メタボや糖尿病に影響 順天堂大学
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート