一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

マスターズスポーツ科学研究会が発足 [和歌山]

キーワード: 三多(多動・多休・多接) 身体活動・運動不足

 中高齢者が年齢に適したスポーツや運動を通して健康維持の方策をさぐる「マスターズスポーツ科学研究会」が発足した。第1回マスターズスポーツ科学研究会は、6月12日に和歌山市本町のフォルテワジマで開催された。和歌山大学や和歌山県立医科大学の医師や研究者らが参加し、今後の活動について論じた。

 日本は世界トップクラスの長寿国である一方、高齢化が進展している。和歌山県は全国的にも高い高齢者県で、高齢化率は近畿府県内で1位、全国では7位(26.4%)となっている。

 急速な人口高齢化の進展に伴い、疾病構造も変化しており、がんや心疾患、脳卒中、2型糖尿病などの生活習慣病が増加し、死亡原因の6割を占めている。これらの多くは、運動・スポーツを習慣的に行うことで予防・改善が可能だ。

 スポーツ・運動を続けると、筋委縮や骨粗鬆症の予防効果を期待でき、心肺能力や運動能力、バランス能力の向上にもつながる。スポーツは爽快感や活気をもたらし、高齢者のQOL(生活の質)も向上する。

 同研究会は、トップアスリートからすでに運動を習慣化している人、健康増進のための運動を始める意欲をもっている人などを対象に、医学的なデータにもとづくトレーニングメニューの開発・提供などを行う考えだ。

 中高齢者のスポーツ・運動の普及振興について、「中高齢者の競技者にご自身の体について知識を深めていただき、よりスポーツを楽しんでもらえるよう情報を提供する」と述べている。

 8月25日には「マスターズ医科学シンポジウム」を和歌山市本町のフォルテワジマで開催する。和歌山県立医科大学リハビリテーション医学の田島文博教授、信州大学大学加齢適応医科学系の能勢博教授らが講演する予定。

マスターズスポーツ科学研究会

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月06日
「ヨガ」「太極拳」にストレス解消とリラックスの効果 初心者も気軽に自宅でできる
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
【新型コロナ】起床・朝食が遅くなった子供で運動不足や栄養バランスの乱れが 規則正しい食事・睡眠が大切
2022年06月06日
余暇に軽い身体活動をするほど健診結果は良くなる 活動量の実測データにもとづく世界初の研究
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート