一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

ケータイと血糖自己測定器を連携 糖尿病患者向けサービス

キーワード: 糖尿病

 アークレイと富士通は、携帯電話と血糖自己測定器を連携させた糖尿病患者向けサービス「からだライフ 糖尿病サポート」を共同開発したと発表した。富士通の携帯電話器「らくらくホン」シリーズユーザーに向けて6月末から提供を開始する予定。

 「からだライフ 糖尿病サポート」は、血糖自己測定で得た血糖値の記録や、食事・運動などの記録を携帯電話で管理できるようにしたサービス。血糖自己測定器と携帯電話器と専用のケーブル、データを蓄積するサーバ環境によって構成される。

 血糖測定器で血糖値を測定した後、専用ケーブルで測定器を携帯電話と接続すると自動的にデータが取り込まれ、取り込んだデータは富士通が提供するサーバにも保管される。保管されたデータはクラウドでも閲覧可能で、血糖値の変動やインスリン療法の記録を表示したファイルをダウンロードし印刷できる。

 血糖値や生活状況の記録を家族などにメールで簡単に送信でき、糖尿病の管理に家族も参加できるので、糖尿病患者の治療への意欲向上にも役立つとしている。

 サービスの提供価格は月額525円(予定)で、別途必要となる血糖測定器と専用ケーブルの価格は未定。

 両社は今後、血糖値管理を支援するサービスの認知を促進する活動も共同で展開する。今後約3年間で2万人の利用を見込んでいる。

アークレイ
富士通

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート