一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

ビヨンセが出演 子供の肥満対策ビデオ「もっと運動しよう!」

キーワード: 高血圧 二少(少食・少酒) 脂質異常症(高脂血症) 糖尿病 CKD(慢性腎臓病) 肥満症/メタボリックシンドローム 動脈硬化 脳梗塞/脳出血 三多(多動・多休・多接) 健診・保健指導 身体活動・運動不足

 米国の子供の肥満に対策するキャンページ「Let's Move!(さあ運動しよう!)」が、ミシェル・オバマ米大統領夫人の主導のもと行われている。

 子供の肥満に対策するキャンページ「Let's Move!」では、子供にはたらきかけ、健康的な食事と運動の習慣化を促そうと、世界的な有名な歌手ビヨンセさんが出演するビデオ「Let's Move! “Move Your Body”」を制作し学校に配布したり、ホワイトハウスに子供を招き、運動に参加してもらうイベントを開催するなど、積極的な活動が行われている。
ビヨンセが出演するビデオ「さあ運動しよう! 体を動かそう」
画面をクリックするとビデオの再生が開始されます。
動画をご覧になるためにAdobe Flash Playerというソフトが必要です。Adobe Flash Playerは無料で配布されています。右画像をクリックすると配布ページが開きダウンロードできます。
米国の成人の生活習慣病は深刻
 米疾病対策センター(CDC)が「米国国民健康・栄養調査(NHANES)」などをもとにした試算によると、米国の成人の3人に1人が高血圧で、うち治療などで適切にコントロールできていない人が2人に1人に上るという。また、3人に1人が高コレステロールで、うち3人に2人がコントロールできていない。

 高血圧・高コレステロールの治療はとても効果的で、初期段階では費用もそれほど高くならないが、適切な治療を受けずに放置しておくと、将来に心疾患や脳卒中、腎症などを発症する危険性が高まる。米国ではこれらの病気で亡くなる人が毎年80万人を越え、発症の若年化も進行しており、うち15万人は65歳未満だという。

 早期に発見し対策することが重要となるが、現実には米国の80%以上はなんらかの医療保険に加入しており、検査と治療を受ける機会をもっていても、多くの人で十分な高血圧・高コレステロールの管理が得られておらず、適正な知識をもっていない人も多いという。医療費の負担も深刻で、心疾患の医療費の総計は年間3000億ドルに上り、米国の医療費の6分の1を占める。

 高血圧・高コレステロールを予防し対策するために、健康的な食事や運動の習慣化が欠かせない。こうした生活習慣は、子供のときから家庭や学校で身に付き、一度定着した生活習慣を変更するのは成人してからでは難しいとする研究報告もある。

子供の肥満も急増 生活習慣病の予備群に
ミシェル・オバマ米大統領夫人自らが参加し、子供とダンスを踊るビデオも公開されている。
画面をクリックするとビデオの再生が開始されます。
 米国では子供の肥満も急増している。過去30年間で米国の肥満児は3倍に増え、現在では子供の3人に1人は過体重か肥満だという。アフリカ系米国人やヒスパニックで特にその傾向が強く、子供の40%は過体重か肥満だという。

 米政府は「いま有効な対策をしないと、2000年以降に生まれた子供の3人に1人は、成人してから肥満を要因とした2型糖尿病や高血圧症などで苦しむことになる。これらは心疾患や脳卒中、がん、腎症などの原因になる」と警笛を鳴らしている。

 肥満急増の原因は、運動不足と食生活の変化だという。30年前の子供は、毎日歩いて学校に通学し、体育の授業に参加し、放課後は夕食になるまで屋外で遊んでいた。食事は家庭料理が中心で、量もほどほど、皿の上にはいつも野菜がのっていた。ファストフードを利用することはなく、間食も少なかった。

 現在の米国の子供の生活習慣は大きく変化しており、通学に乗用車やバスを利用し歩かなくなり、体育の授業や放課後のスポーツ活動も減っている。放課後はテレビやビデオゲーム、インターネットに費やす時間が多い。親も昔に比べ忙しいので、家族がそろって食事をする頻度は減った。食事前にスナック菓子などの間食をとるのは当たり前になっている。

 子供が食べるスナック菓子などの間食の量は30年で3倍に増え、子供の5人に1人は6倍も多くとっている。間食のカロリーは1日に平均200kcalになる。食品産業が事業を拡大し、ファストフードや清涼飲料などの食品のサイズも増えた。代表的な清涼飲料に含まれる砂糖や甘味料の平均量は、1970年代は13.6オンスだったが、現在では20オンスに増えている。

 8〜18歳の子供や若者のほとんどは運動不足で、1日に平均7.5時間を、テレビ、コンピューター、ビデオゲーム、携帯電話、映画などに費やしている。高校生のうち、推奨される身体活動量を満たしている生徒は3分の1にすぎない。

Most Americans with High Blood Pressure and High Cholesterol at Unnecessary Risk for Heart Attack and Stroke(米疾病対策センター 2011年2月1日)
Let's Move!(米国の子供の健康意識を高めるためのキャンペーン)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意

疾患 ▶ 高血圧

2021年07月12日
コロナ禍での高血圧症患者さんの過ごし方
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年12月15日
「早食い」は肥満や体重増加につながる ゆっくり味わって食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月10日
肥満は糖尿病の人にとって大敵 体重をコントロールして糖尿病を改善 成功するためのコツは?
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月19日
【新型コロナ】糖尿病と肥満の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月01日
肥満の人は日常生活動作(ADL)が低下しやすい 健康寿命も短縮 若い頃から健康な生活で対策を

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年03月26日
【健やか21】「日本脳炎ワクチン供給不足が見込まれる現状についてのお知らせ」の掲載について(日本小児科学会)
2021年02月12日
【健やか21】「地域の実情に応じたアウトリーチ型家庭教育支援の取組事例」の掲載について(文部科学省)
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2021年12月20日
牛乳を毎日1杯飲むと脳卒中リスクが低下 認知症リスクも低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年09月15日
ピーナッツを食べると脳卒中リスクが低下 不飽和脂肪酸や食物繊維などが豊富 日本人7万人超を調査
2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善

疾患 ▶ CKD(慢性腎臓病)

2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
野菜3皿、果物2皿を毎日食べるともっとも健康的 食べ過ぎに注意が必要な野菜も判明 10万人を調査
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2021年12月22日
ウォーキングなどの運動は糖尿病を改善する「魔法の薬」 運動を増やして、座ったままの時間は少なく
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月25日
世界骨粗鬆症デー 糖尿病の人は骨折に注意 40歳過ぎたら骨を強くする対策を

疾患 ▶ 動脈硬化

2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月18日
ウォーキングなどの運動は「1日にわずか12分」でも効果がある 運動など生活スタイル改善の指導を容易に
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート