一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

肥満のあるシニアでは食事と運動の組合せがベスト

キーワード: 二少(少食・少酒) 脂質異常症(高脂血症) 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 三多(多動・多休・多接) 身体活動・運動不足 食生活

 高齢者では食事療法と運動療法を組合わせて行うと、身体能力が改善し体力低下も抑えられ、もっとも効果が大きいとする研究が米国で発表された。食事と運動のどちらか一方を行うよりも、両方を行った方がより良い成果を得られるという。

 米国では肥満が、若い世代と同様に、高齢者でも増えている。65歳以上の人の約2割は肥満で、その割合はベビーブーマーが高齢化するにつれ上昇するとみられている。体重増加の原因として、日常での身体活動の減少、乗用車の普及などで歩く機会がなくなっていること、身体能力や体力の低下などが指摘されている。

 高血圧症や心疾患、糖尿病などのある高齢者が、安全に運動をするために配慮が必要となるが、これに肥満が重なるとさらに運動療法を行いにくくなる。

肥満がQOLを低下 食事+運動で対策するともっとも効果的
 「年配の方が肥満によって身体能力が低下すると、転倒や寝たきりの原因になり、結果として生活の質(QOL)の低下をまねきやすい。肥満は高齢者でも増えている。より健康に、より自律的に生活していくのを支援する方法をみつけることが重要だ」と米ワシントン大学医学部のDennis T. Villareal氏(老年・栄養学)は話す。

 研究は、65歳以上の肥満者(BMI30以上)107人の参加を得て、1年間にわたり行われた。もともとは肥満のある高齢者での食事療法と運動療法を別々に検討するのが目的で、参加者を(1)食事療法による減量を行う群、(2)運動療法を行う群、(3)食事と運動を組合わせて行う群、(4)どちらも行わない群に無作為にふり分けて比較した。

 食事療法の群では、低カロリー食による減量支援、運動療法の群では、バランスワーク、レジスタンス運動、有酸素運動を含む週3回の運動指導が中心となった。

 その結果、身体能力のベースラインからの改善率は(1)は12%、(2)は15%だった。しかし、もっとも身体能力が向上したのは(3)の食事療法と運動療法を組合わせて行った群で、なんと21%も向上した。

 身体能力テストは50フィート(約15メートル)のウォーキングや日常の動作(コートを置いたり移動させる、椅子から立ち上がる、ペニー銅貨を拾う、階段上り、本を持ち上げる)などで行った。

 さらに、トレッドミルを使ったウォーキングでの最大酸素消費量の測定も行った。食事と運動を行った参加者の改善率は平均17%でもっとも高く、食事のみの群は10%、運動のみの群は8%にとどまった。

食事+運動で筋力が向上 骨密度の低下も抑制
 研究チームは生活の質(QOL)のスコアについても調査を行った。ここでももっとも大きく改善したのは食事と運動を組合わせて行った群で、食事のみの群が10%、運動のみの群が14%だったのに比べ、15%も改善した。筋力、平衡感覚、歩行機能についても、一貫して改善していた。

 「運動と体重コントロールを組み合わせて行うことで得られる恩恵は大きい。肥満のある年配の方では、心疾患の危険因子をみるだけでなく、身体能力を改善しQOLを向上することも重要となる。高齢者が運動をすることでQOLを向上し、寝たきりや転倒、骨折などを予防し、健康寿命を延ばすことにつながる」とVillareal氏は話す。

 「肥満のある高齢者で、ただちに減量が勧められるかについては検討が必要だろう。高齢者の減量には、脂肪や筋肉、骨の減少という潜在的な欠点がともなうことがある。高齢者の減量と死亡率との関連を指摘した研究も報告されている」と述べている。

 研究では、食事のみで減量した高齢者では、脂肪組織と骨密度が低下している傾向がみられた。食事のみの群では体格指数(BMI)が5%低下したが、股関節部の骨密度も3%低下した。一方、食事と運動を組合わせて行った群では、体格指数(BMI)が3%低下したが、股関節部の骨密度の減少は1%に抑えられた。

 この研究は、米ワシントン大学医学部らの研究チームによるもので、医学誌「New England Journal of Medicine」3月31日号に発表された。

Diet-exercise combo best for obese seniors(ワシントン大学医学部、2011年3月30日)
Villareal DT et al. Weight loss, exercise, or both and physical function in obese older adults
NEJM, 2011 Mar 31;364(13):1218-29
Diet and Exercise for Obese Older Adults(NEJM)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年12月15日
「早食い」は肥満や体重増加につながる ゆっくり味わって食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月10日
肥満は糖尿病の人にとって大敵 体重をコントロールして糖尿病を改善 成功するためのコツは?
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月19日
【新型コロナ】糖尿病と肥満の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月01日
肥満の人は日常生活動作(ADL)が低下しやすい 健康寿命も短縮 若い頃から健康な生活で対策を

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2021年12月22日
ウォーキングなどの運動は糖尿病を改善する「魔法の薬」 運動を増やして、座ったままの時間は少なく
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月25日
世界骨粗鬆症デー 糖尿病の人は骨折に注意 40歳過ぎたら骨を強くする対策を

生活習慣 ▶ 食生活

2022年01月28日
夕食はいつ食べると良い? 夜に食べるタイミングが糖尿病リスクに影響 メラトニンと遺伝子が影響
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月19日
食後血糖の急激な変動(血糖値スパイク)を抑える健康食事法 「スローカロリー食ライフ」キャンペーン実施中!
―豪華賞品とスローカロリー商品詰合わせをプレゼント。2022年2月16日まで!
2022年01月12日
【世界健康フォーラム2021・静岡 公開中!】
健康寿命はみんなで延ばせる 食生活で日本を元気に!
2021年12月21日
やせていても「少食で運動不足」だと糖尿病リスクが高い 若い女性も気をつけたい糖尿病 順天堂大
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート