一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

塩分とりすぎでなぜ高血圧に? 遺伝子レベルで解明 東大病院

キーワード: 高血圧 二少(少食・少酒) 肥満症/メタボリックシンドローム

 高血圧は、脳卒中、心筋梗塞、腎不全を引き起こすだけでなく、最近の研究では認知機能障害の原因になることも知られている。塩分摂取による高血圧の発症を、遺伝子レベルで解明した研究が発表された。

 この研究は、東京大学医学部附属病院腎臓・内分泌内科の藤田敏郎教授らの研究チームが発表したもので、米医学誌「Nature Medicine」オンライン版に4月17日付けで発表された。
塩分とりすぎで交感神経活性が異常に
塩分排泄に関わる遺伝子の転写活性を抑制
 高血圧の原因のひとつは塩分のとりすぎ。世界で行われたさまざまな医学的な調査で、塩分の過剰摂取と高血圧の発症との関連が示されている。

 高血圧を予防・改善するために、塩分のとりすぎを防ぐことが重要となる。戦後間もなくの東北地方では塩分の摂取量が多く、高血圧による脳卒中発症の頻度が高かったが、減塩運動を進めるにつれ脳卒中死亡率は激減したという。

 塩分に対する血圧の変化は人によって異なり、塩分を少しとりすぎただけで高血圧になりやすい(血圧の塩分感受性が高い)人がいることが知られている。血圧の塩分感受性は、遺伝的な要因のほか生活習慣などの環境因子によっても影響を受ける。

 特に、肥満やメタボリックシンドロームのある人では、塩分感受性高血圧を発症しやすいことが知られている。塩分の過剰摂取が高血圧につながるメカニズムには不明の点も多い。そこで今回の研究では、塩分による血圧上昇のメカニズムを世界に先駆けて遺伝子レベルで解明した。

 腎臓でのナトリウム排泄機能に障害が起こると、ナトリウム排泄が低下し体にたまっていき、血圧が上昇する。肥満や塩分感受性が高いために高血圧になる患者では、塩分を摂取すると交感神経系に緊張が生じ活動が亢進し、ナトリウム排泄の低下につながりやすいと考えられている。

高血圧発症の仕組み
世界に先駆けエピジェネティクスで解明
 研究者らは、塩分摂取により交感神経活動が亢進すると放出される神経伝達物質「ノルアドレナリン」により受容体が活性化され、DNAとの相互作用をもち遺伝子発現調節など重要な役割をになう「ヒストン」と呼ばれる蛋白質の働きを阻害し、塩分排泄に関わる遺伝子の転写が抑えられることを突き止めた。

 最近の研究では、高血圧や2型糖尿病などの生活習慣病の発症に、DNAの塩基配列の変化(変異)が影響することが解明されているが、こうした疾患に関わるのは遺伝子のDNAだけではないことが分かってきた。

 そこで、塩基配列の変化による要因ではなく、細胞分裂を経て引き継がれる遺伝子機能の変化や仕組みについて解明する新しい研究「エピジェネティクス」が注目されている。

 肥満やストレスなどの環境因子が、関連する遺伝子の活性化や抑制遺伝子の不活性化に影響しているという。今回の研究について研究者らは「塩分や肥満などの環境因子が塩分排泄性遺伝子の転写活性を抑制して、高血圧が生じるエピジェネティクスの関与を解明したもの」と述べている。

 「特に日本人では欧米人に比べ、塩分感受性の高い人が多い。研究成果をもとに、塩分感受性高血圧に有効な治療薬を開発できれば、塩分摂取の多い日本人高血圧患者に恩恵をもたらすことができる」としている。

高血圧の発症進展過程に“エピジェネティクス”が関与

塩分摂取による高血圧発症にエピジェネティクスが関与することを解明(東京大学医学部附属病院 2011年4月18日)
Epigenetic modulation of the renal .-adrenergic-WHK4 pathway in salt-sensitive hypertension
Nature Medicine, doi:10.1038/nm.2337

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 高血圧

2021年07月12日
コロナ禍での高血圧症患者さんの過ごし方
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年12月15日
「早食い」は肥満や体重増加につながる ゆっくり味わって食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月10日
肥満は糖尿病の人にとって大敵 体重をコントロールして糖尿病を改善 成功するためのコツは?
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月19日
【新型コロナ】糖尿病と肥満の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月01日
肥満の人は日常生活動作(ADL)が低下しやすい 健康寿命も短縮 若い頃から健康な生活で対策を

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート