一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

トクホ広告自主基準を改定 日本健康・栄養食品協会

キーワード: 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 糖尿病 健康食品 健診・保健指導

 日本健康・栄養食品協会は、特定保健用食品(トクホ)について、消費者の適正な理解や利用を促す目的で、『「特定保健用食品」適正広告自主基準[改定版]』を公表した。

 特定保健用食品(トクホ)は、国民の健康維持・増進に寄与すべく開発された健康効果等に関する表示が消費者庁により認可・承認された製品。同協会が自主基準を作成したのは平成19年6月。「適正な範囲内での広告表現によりトクホの普及をはかることが、消費者の食への関心や生活習慣病予防に大きく貢献する」としている。

 トクホの自主基準の客観性を高め、消費者の理解をより深めたいという考えから、消費者庁や消費者団体等の意見をふまえ、同協会特定保健用食品部門技術部会で改定作業を進めていた。

 今回の改定で力点がおかれているのは、トクホに対して消費者の誤認を招きかねない表現・表示等を行わないこと。トクホ製品には許可を受けた摂取をする上での注意事項に基づいて「治療中の方は医師に相談してください」、「多量摂取により疾病が治癒したり健康がより増進するものではありません」等を明記し、「間違った摂取がされないよう十分に注意すること」と注意を促している。

 製品の作用メカニズムについて「消費者の理解を助けるような表現(文章、イラスト、動画等)を使用することは差し支えない」としながらも、「内容が誤認されないよう留意すること」、「トクホの関与成分には、医薬品に似た作用メカニズムを持つものがあり、メカニズムを強調しすぎるとトクホの特性の誤認につながるので、十分に注意すること」とした。

 統計データ等の使用については、「国民健康・栄養調査、特定健康診査・特定保健指導の説明等、健康・栄養に関する一般的な情報や資料を広告に使用することは差し支えない」としながらも、「引用元の資料を明記すること」、「誇大解釈させたり、誤認させることのないよう十分に注意すること」、「個々の商品の機能と結びつけるような表現はしないこと」とした。トクホ表示による消費者の誤認を防止するために、明確な線引きをしたといえる。

 配合成分などについての注意事項としては、「一般的な栄養成分の情報、食感などの製品特徴等を広告する場合は、それらが許可表示と誤認されないようにすること」、「配合成分を健康訴求と関連づけた表現はしないこと」などとして、トクホ表示に便乗し消費者の混乱を招きかねない広告をしないよう注意を促している。

(財)日本健康・栄養食品協会
  『「特定保健用食品」適正広告自主基準』〔改定版〕の送付について

健康や栄養に関する表示の制度について(厚生労働省)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意

疾患 ▶ 高血圧

2021年07月12日
コロナ禍での高血圧症患者さんの過ごし方
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年03月26日
【健やか21】「日本脳炎ワクチン供給不足が見込まれる現状についてのお知らせ」の掲載について(日本小児科学会)
2021年02月12日
【健やか21】「地域の実情に応じたアウトリーチ型家庭教育支援の取組事例」の掲載について(文部科学省)
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)

テーマ ▶ 健康食品

2022年01月19日
食後血糖の急激な変動(血糖値スパイク)を抑える健康食事法 「スローカロリー食ライフ」キャンペーン実施中!
―豪華賞品とスローカロリー商品詰合わせをプレゼント。2022年2月16日まで!
2020年11月25日
スローカロリー研究会Webセミナー「ロードレースとスローカロリー ギネス世界記録への挑戦 」を公開中!
2020年10月26日
「ブルーベリー」のポリフェノールに免疫を調節する作用 炎症性腸疾患の予防や治療につながる可能性
2020年08月28日
【新型コロナ】ポビドンヨードを含むうがい薬がコロナに効く? 薬局などで売り切れが続出
2019年06月28日
【PR】
尿酸値が気になる人へ!
尿酸値の上昇を抑える「PA-3乳酸菌」活用のススメ
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート