一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

効果的な体重コントロールが心血管代謝の危険を低下

キーワード: 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 動脈硬化 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 脂肪肝/NAFLD/NASH

 ブエノスアイレスで2月に開催された「第2回国際内臓肥満会議(ICAO)」専門家会議は、「世界中の何百万もの人々が過体重による心血管代謝の危険性を抱えているが、多くの患者が医師の診断を受けていない可能性がある」との声明を発表した。
5〜10%の減量が内臓脂肪を減らす 国際内臓肥満会議
 過体重や肥満は世界中で急増している。それにともない社会の関心は医療スタッフに限らず、より高度な肥満へと移っていった。

 しかし実際には、BMI(体格指数)が25以上*1で、肥満ではないという場合でも、すでに高血圧、脂質異常症、糖尿病の初期段階にある人々は世界全体で数百万人にも上る。

 「心血管代謝リスクに関する国際チェア(ICCR)」*2によると、早期から治療を開始するメリットがもっとも大きいのはそうした症例だという。

 「BMIが30以上の肥満が糖尿病前症(pre-diabetes)、脂質異常症、高血圧症の発症を増やし、心血管代謝の危険性を高めると、世界中の多くのプライマリケアの医師が判断している。しかし、内臓脂肪の蓄積が隠された原因となっていることは見落とされがちだ」とカナダ・ケベック州のラヴァル大学医学部のJean-Pierre Despres教授は話す。

 体につく脂肪は、大きく分けて「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2種類がある。内臓脂肪は腹部と臓器の周りにつく脂肪で、比較的男性にたまりやすい。皮下脂肪は皮膚の下につく脂肪で、女性にたまりやすい。健康に与える影響は、皮下脂肪よりも内臓脂肪で大きい。

 内臓脂肪の過剰な蓄積は、2型糖尿病、脳卒中、心臓疾患といった深刻な病気の危険性を高める。

 Despres教授は「医療者が肥満を想定するときは、BMI値40以上といった高度な肥満を思いうかべる傾向がある。しかし実際には、BMIは低いが内臓脂肪がたまっている“隠れ肥満”の状態で、あきらかな肥満の患者と同じように心血管代謝の危険性が高くなっている場合もある」と指摘する。

 そうした危険性を抱える患者への対応を急ぐことは、世界中で増加している肥満を抑え、糖尿病や心血管疾患をくいとめるためにも必要だという。

 このことは、内臓脂肪の蓄積と心血管代謝リスクの関連性を検証するための国際的研究「INSPIRE ME IAA」でも裏付けられた。この研究は29ヵ国の患者4504人を対象に行われたもので、糖尿病と診断されていない患者と、軽度の過体重の患者のサブグループで、内臓脂肪の過剰な蓄積が心血管代謝の危険をもたらすことが確かめられた。

 Despres教授は「あきらかな肥満の患者だけでなく、過体重の患者についても、内臓脂肪の蓄積がみられる場合は注意を向ける必要がある。そうした患者では体重を5〜10%を低下するだけでも、内臓脂肪を大きく減らすことができる。このことがもたらす変化は大きい」と述べている。

効果的な減量のためのガイドラインが必要
 声明では、メディアの肥満に関する偏った報道のあり方についても指摘している。もともと肥満ではない俳優などの有名人の体重が数キログラム増減したとか、高度の肥満の人を家から救い出すのに消防士の助けを必要としたとか、肥満に着目した報道が極端なものに偏っている傾向がみられるという。

 メディアやダイエット業界は、過激なダイエットで体重を劇的に減らした例を広告などに出し、実際的でない期待を引き出そうとする。しかし、専門家が体量や体重維持のために勧めているのは、適度の減量を徐々に行うやり方だ。*3

 ICCRによると、適度な減量のための現実的な方法を示したガイドラインや情報は不足している。それがダイエットに失敗しリバウンドを引き起こす一因となっている。今後は内臓脂肪の減少や実際的な減量も含め、専門家が健康な体重を実現するための方法について検討を重ねる必要があるとしている。

*1 日本肥満学会の基準ではBMI25以上を肥満と判定するが、WHOの判定基準ではBMI30以上を肥満と判定し、25.0以上30.0未満だと過体重(Overweight)と判定している。
*2 ICCRは、カナダケベック市のラヴァル大学付属の集学的や研究組織で、取り組んでいる分野は心臓病、糖尿病、脂質代謝、内分泌代謝、肥満、栄養学、身体活動、基礎研究など。
*3 日本でも日本肥満学会が2006年に「神戸宣言」を発表し、「肥満症やメタボリックシンドロームの予防と改善には、食生活の改善と運動の増加を図り、まずは3キログラムの減量、3センチメートルのウエスト周囲長の短縮を実現するサンサン運動」を提案した。
心血管代謝リスクに関する国際チェア(ICCR)が公開しているビデオ(YouTube)
画面をクリックするとビデオ再生が開始されます
ホームページでは、日常でできる内臓脂肪型肥満のチェックを解説したビデオも公開している。
youtube.com/myhealthywaist
myhealthywaist.org(International Chair on Cardiometabolic Risk)
神戸宣言2006(日本肥満学会)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意

疾患 ▶ 高血圧

2021年07月12日
コロナ禍での高血圧症患者さんの過ごし方
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年12月15日
「早食い」は肥満や体重増加につながる ゆっくり味わって食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月10日
肥満は糖尿病の人にとって大敵 体重をコントロールして糖尿病を改善 成功するためのコツは?
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月19日
【新型コロナ】糖尿病と肥満の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月01日
肥満の人は日常生活動作(ADL)が低下しやすい 健康寿命も短縮 若い頃から健康な生活で対策を

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2021年12月20日
牛乳を毎日1杯飲むと脳卒中リスクが低下 認知症リスクも低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年09月15日
ピーナッツを食べると脳卒中リスクが低下 不飽和脂肪酸や食物繊維などが豊富 日本人7万人超を調査
2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月09日
くるみなど植物由来のオメガ3脂肪酸を豊富に含む食生活で心筋梗塞後の死亡リスクが低下
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に

疾患 ▶ 動脈硬化

2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月18日
ウォーキングなどの運動は「1日にわずか12分」でも効果がある 運動など生活スタイル改善の指導を容易に
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査

疾患 ▶ 脂肪肝/NAFLD/NASH

2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
なぜ体重は正常なのに「代謝異常」に? 体脂肪の「質」が肥満・メタボや糖尿病に影響 順天堂大学
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート