一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

【国民健康・栄養調査】 食事・運動を実施している人は3割未満

キーワード: 「少食」食事は腹7~8分目 「多動」身体を活発に動かす 健診・保健指導 身体活動・運動不足 食生活

 厚生労働省は「2009年国民健康・栄養調査」を発表した。食事や運動などの生活習慣改善に取り組む意欲は中高年で高まっているが、若い世代では関心が薄い傾向が示された。

 「2009年国民健康・栄養調査」は昨年11月に、国民生活基礎調査の対象地区から抽出した3785世帯を対象に実施された。集計客体数の総数は、身体状況調査 8056、血液検査 4293、栄養摂取状況調査 9006、生活習慣調査 9803。

 調査の主な内容は次の通り――

肥満(BMI25以上):男性の3割、女性の2割
 20歳以上の肥満者(BMI25以上)の割合は、男性 30.5%、女性 20.8%だった。最近の5年間では肥満者の割合の増加傾向は鈍化しているが、男性の20〜60歳代では前年比2.1ポイント増の31.7%で、この15年間で最高になった。女性の40〜60歳代では前年に比べ横ばい。
 やせ(BMI18.5未満)は男性 4.4%、女性 11.0%。20歳代女性がもっとも多く22.3%だった。
(朝食の習慣、体重管理等に関する状況)

食事や運動:「実践している」人は3割に満たない
 メタボリックシンドロームの予防や改善のための食事や運動の実践している人の割合は、男性 27.5%、女性 24.2%と3割に満たなかった。「するつもりがあり、頑張ればできる」という人は、男性 35.3%、女性 36.5%と3人に1人以上に上った。
 食事や運動への取り組みの意欲をもっていながら、「仕事が忙しい、余裕がない」といった理由で、実践しきれていない現状をうかがえる結果になった。
(朝食の習慣、体重管理等に関する状況)
体型別メタボリックシンドロームの予防や改善のための食事や運動の実践状況
2009年国民健康・栄養調査
体重管理:年齢が上がると意欲も高まる
 体重管理を実践しようと心がけていると回答した人の割合は、男性 67.8%、女性 75.6%で、2004年調査に比べ男性で7.0%、女性で5.8%増加した。
 性別にみると男性 67.8%、女性 75.6%となり、特に女性で体重管理の意欲が高まっている傾向が示された。また、年齢層別にみると、年齢が高くなるにつれ意欲が増す傾向がみられ、60歳代では男性 74.7%、女性 83.3%という結果になった。逆に、20歳代では男性 53.5%、女性 68.6%ともっとも低かった。
(朝食の習慣、体重管理等に関する状況)
体重管理を実践しようと心がけている人の割合(20歳以上)
2009年国民健康・栄養調査
適切な食事の内容・量:「知っている」が4人に3人
 自分にとって適切な食事内容・量を知っていると回答した者の割合は、男性 75.0%、女性 78.2%で、2004年調査に比べ男性で5.9%、女性で3.2%増加した。
(朝食の習慣、体重管理等に関する状況)

脂肪をとりすぎている人が3割
 脂肪からのエネルギー摂取割合を示す「脂肪エネルギー比率」が30%以上の者の割合は、成人の男性で20.0%、女性で27.6%だった。
 一般に食事でとる脂肪のエネルギー量比は全体の20%程度が良いとされている。脂肪エネルギー比率が25%未満の人の比率は、年齢層が上がるにつれ増えていき、60歳代で男性 62.0%、女性 52.9%となった。逆に、20歳代では男性 36.7%、女性 27.9%と少なく、若い世代で脂肪をとりすぎている傾向が示された。
(食生活・運動に関する状況)

食べる速さ:「早く食べる」の比率は肥満者で高い
 食事での「食べる速さ」を調査したところ、「速い」と回答した人の割合は、男性 51.8%、女性 37.4%だった。
 体型別にみると、肥満者(BMI25以上)では、「速い」と回答した者の割合は男性 63.9%、女性 46.5%だった。やせ(BMI18.5未満)や普通(BMI18.5以上25未満)の人に比べ多かった。
 今回調査は肥満と食事の早さの相関関係を示したもので、「早食いをしているから、肥満になりやすい」といった因果関係を示したものではないが、一般的に、良く噛んで時間をかけて食事をすることで、食事量抑えながら満腹感を得やすく、食後の血糖上昇を抑えられることが知られている。
(朝食の習慣、体重管理等に関する状況)
体型別食べる速さの状況(20歳以上)
2009年国民健康・栄養調査
朝食をとる習慣:若い世代で欠食が多い
 習慣的に「朝食をほとんど食べない」という成人の割合は、男性 10.7%、女性 6.0%だった。朝食をとらない人の比率は男女とも20歳代、30歳代で高く、男性(20歳代 21.0%、30歳代 21.4%)、女性(20歳代 14.3%、30歳代 10.6%)だった。
 朝食をとらない人のうち、その習慣が「小学校、または中学、高校」の頃から始まったという人は、男性32.7%、女性25.2%に上った。さらに、朝食を食べるために必要なことは、男女とも「早く寝る、よく眠る」と回答した人が多かった(男性 29.8%、女性 31.0%)。男性は女性に比べ、「家族や周りの人の支援」(男性18.6%、女性6.3%)、「残業時間の短縮など労働環境の改善」(男性17.7%、女性8.4%)との回答が多かった。
(朝食の習慣、体重管理等に関する状況)

口の中の健康:歯周炎は50歳代で1割減少
 自分の歯を20歯以上有する者の割合は、75歳〜84歳で26.8%(2004年調査比3.8%増)であり、上昇した。また、進行した歯周炎のある人の割合は、40歳代で22.8%(同6.0%減)、50歳代で32.6%(同11.0%減)だった。過去1年間に歯科健診を受けた人の割合は60歳代で41.4%(2.7%増)。
 この調査の「進行した歯周炎」は、「歯ぐきが下がって歯の根が出る」「歯ぐきを押すと膿がでる」「歯がぐらぐらする」「歯周病(歯槽膿漏といわれ治療している)」のいずれか1つ以上に該当すると回答した場合としている。
(歯の健康に関する状況)

平成21年国民健康・栄養調査結果の概要について(厚生労働省)

[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年03月26日
【健やか21】「日本脳炎ワクチン供給不足が見込まれる現状についてのお知らせ」の掲載について(日本小児科学会)
2021年02月12日
【健やか21】「地域の実情に応じたアウトリーチ型家庭教育支援の取組事例」の掲載について(文部科学省)
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2021年12月22日
ウォーキングなどの運動は糖尿病を改善する「魔法の薬」 運動を増やして、座ったままの時間は少なく
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月25日
世界骨粗鬆症デー 糖尿病の人は骨折に注意 40歳過ぎたら骨を強くする対策を

生活習慣 ▶ 食生活

2022年01月28日
夕食はいつ食べると良い? 夜に食べるタイミングが糖尿病リスクに影響 メラトニンと遺伝子が影響
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月19日
食後血糖の急激な変動(血糖値スパイク)を抑える健康食事法 「スローカロリー食ライフ」キャンペーン実施中!
―豪華賞品とスローカロリー商品詰合わせをプレゼント。2022年2月16日まで!
2022年01月12日
【世界健康フォーラム2021・静岡 公開中!】
健康寿命はみんなで延ばせる 食生活で日本を元気に!
2021年12月21日
やせていても「少食で運動不足」だと糖尿病リスクが高い 若い女性も気をつけたい糖尿病 順天堂大

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート