一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

栄養バランス改善、意欲が高いとストレスが少ない 東京都調査

キーワード: 高血圧 二少(少食・少酒) 糖尿病 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 がん 疲労(休養不足)

 東京都はこのほど、都民の健康・医療に関する意識などを調査した「都民の健康と医療に関する実態と意識」の結果を公表した。生活習慣病の死亡者数が年々増えている一方で、自分の健康に関心をもつ人も増えており、食生活に気を使っている人ほどストレスも少ない現状が浮き彫りになった。
生活習慣病の死亡者数は年々増加
 生活習慣病の死亡者数は東京都でも、全国と同様に年々増えている。生活習慣病による人口10万人当たり死亡者数は、2008年は469.0人だった。疾患別にみると、がん(悪性新生物)が249.6人、高血圧性を除く心疾患が122.2人、脳血管疾患が82.5人、糖尿病が10.5人、高血圧性疾患が4.3人だった。2004年調査に比べ、脳血管疾患が88.7人から減少した以外は、すべて増加している。
医療機関の受診 最初にかかるのは「診療所」が7割
 かぜなどのちょっとした体の不調で、まず最初にかかる医療機関を聞いたところ、「近くの診療所」の割合がもっとも高く72.1%、次いで「地域の病院」16.8%、「都立病院や大学病院などの大きな病院」4.5%だった。また、かかりつけ医が「いる」と回答した人は8割に上った。
食生活の改善意欲 意識の高い人ほど栄養バランス対策
 自分の健康や食生活をより良い方向にすることに関心があるか聞いたところ、「十分にある」「少しある」と答えた割合がそれぞれ53.2%、36.0%で、8割以上の人は自分の健康・食生活の改善に対し意欲をもっていることが示された。

 食事の栄養バランスの改善に対し意欲をもっている人ほど、主食・主菜・副菜をそろえた食事をしている割合が高く、「朝食の欠食が少ない」、「睡眠時間が足りている」と答えた人が多かった。

 1日の食事(3食)のうち、主食(ご飯、パン、麺類など)、主菜(肉、魚、卵、豆腐などの豆製品を使ったおかず)、副菜(野菜を使ったおかず)をそろえた食事をしているか聞いたところ、「3食ともそろえている」人は19.7%のみ。「2食はそろえている」がもっとも高く39.5%だった。

 健康・食生活の改善に対する意欲が「十分にある」と答えた人では、主食・主菜・副菜を「そろえている」人の割合が25.7%と高かったが、「あまりない」と答えた人では13.4%にとどまった。

 食事の栄養バランスとストレスの有無は密接に関連していることも示された。悩みやストレスが「ほとんどない」人では、「3食をそろえている」人が33.0%でもっとも多い一方で、悩みやストレスが「よくある」「たまにある」と回答した人では、それぞれ14.0%、17.5%といずれも低かった。

 また、ストレスを感じている人の割合は、朝食をとっている人ほど少ないことも示された。「朝食を必ず食べる」と回答した人は全体の3分の2だったが、悩みやストレスの有無別にみると、悩みやストレスが「ほとんどない」「あまりない」人では、朝食を食べている人の割合がそれぞれ80.2%、73.3%と非常に高く、悩みやストレスが「よくある」「たまにある」という人では、58.6%、67.5%に低下した。

 睡眠時間についても同様の傾向がみられた。「朝食を必ず食べる」人では、睡眠時間が「十分足りている」という人の割合が75.9%と高かった。

悩みやストレスの状況
 このほか、悩みやストレスについて聞いた設問では、66.4%が毎日の生活で悩みやストレスが「ある」と回答。悩みやストレスの相談先は「家族」の割合がもっとも高く41.8%、「病院・診療所の医師」は8.4%、公的な機関(保健所や福祉センターなどの相談窓口)は2.2%だった。
喫煙者の過半数が「禁煙したい」
 たばこを「毎日吸う」「ときどき吸っている」と答えた人に、たばこをやめたいと思うかを聞いたところ、「やめたい」と「できればやめたい」の割合が56.5%と高く、喫煙者の過半数は禁煙意欲をもっていることが分かった。

都民の健康と医療に関する実態と意識(平成21年度東京都福祉保健基礎調査)

調査の概要は下記のとおり。

調査基準日2009年10月14日(調査期間 2009年10月14日〜11月13日)
調査対象者住民基本台帳から無作為に抽出した6000世帯と調査基準日現在満20歳以上の世帯員
集計対象 1. 世帯と世帯員の状況
調査の客体6000世帯のうち、回答を得られた3952世帯(回収率 65.9%)
2. 健康と医療に関する意識調査
3952世帯(9353人)のうち、回答を得られた満20歳以上の世帯員7259人
ただし、健診・保健指導の状況については、7259人のうち、40歳以上75歳未満の4230人が調査対象。
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年04月16日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年03月11日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年03月11日
「がんになっても笑顔で暮らせる社会」 がんサバイバーのためのプロジェクト「LAVENDER RING」 206人の向き合い方をフォトブックに
2021年03月11日
がん治療と仕事を両立する「がんサバイバー労働者」 働けていることに幸福感 就労復帰後も健康感などを向上させるサポートが必要

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意

疾患 ▶ 高血圧

2021年07月12日
コロナ禍での高血圧症患者さんの過ごし方
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2021年12月20日
牛乳を毎日1杯飲むと脳卒中リスクが低下 認知症リスクも低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年09月15日
ピーナッツを食べると脳卒中リスクが低下 不飽和脂肪酸や食物繊維などが豊富 日本人7万人超を調査
2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月09日
くるみなど植物由来のオメガ3脂肪酸を豊富に含む食生活で心筋梗塞後の死亡リスクが低下
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に

生活習慣 ▶ 疲労(休養不足)

2021年10月07日
良い睡眠は糖尿病のコントロールを良くするために必要 睡眠を改善するための5つの方法
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年03月29日
【新型コロナ】東日本大震災から10年 コロナ禍により被災地で心の状態が悪くなった人が増加 「ソーシャル・キャピタル」の減少が原因?
2021年03月29日
【新型コロナ】「未来の自分」に手紙を書くことでネガティブ感情を軽減 明るい未来を想像することがセルフケアに
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート