一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

メノポーズ週間:女性の更年期医療に正しい知識を 更年期医学会

キーワード: 健診・保健指導

 10月18日〜24日は「メノポーズ週間」。日本更年期医学会はこの時期に合わせて、女性の更年期や健康についての知識普及をはかる活動を展開している。

 メノポーズとは、「更年期」などの意味で理解されている。日本更年期医学会は6日、「ハナコ世代は更年期をどう過ごすか?」と題したプレスセミナーを開催した。

 日本女性の平均寿命は80歳を超えており、人生の3分の1はメノポーズ(閉経)後にあたる。メノポーズの時期をいかに過ごすかは、女性の健康において重要だ。

更年期の症状は正しく理解されていない
メノポーズ週間 ポスター
 セミナーでは、石塚文平・聖マリアンナ医科大学産婦人科学教授・メノポーズ週間委員長が、更年期世代の女性調査結果を発表。「メノポーズ前後の約10年間の更年期は、女性ホルモン値(エストロゲン値やFSH値)の変化による心身のさまざまな不調が出現し始める時期であり、この時期をいかに過ごすかは女性にとって大変重要な問題」と説明した。

 日本更年期医学会が45歳〜60歳の女性618人を対象に行ったアンケートでは、更年期の代表的な10の症状を挙げ、症状と愁訴の程度ごとに点数化し、回答者に自己評価してもらい更年期の程度をさぐった。その結果、更年期の症状で婦人科受診した人は16%、ホルモン補充療法を知っている人は23%にとどまった。

 女性のほとんどは更年期に関する何らかの症状を感じ、医療機関の受診の意欲もをっている女性も多いが、更年期に関する症状を自覚している女性は約6割だった。「更年期の症状を適正に理解されていない」と石塚先生は述べた。

 岡野浩哉・飯田橋レディースクリニック院長は、女性の更年期の症状と治療について解説し、「日本人の女性の寿命は延びている。更年期後を健やかに過ごすためにも、更年期の不調はしっかり医療機関でケアすることが大切」と強調した。

 適切な治療を受けずに、更年期障害を放っておくと、脂質異常症から動脈硬化につながり、心筋梗塞などの発症の危険性が高まるおそれがある。また、更年期になると骨密度が低下し、骨粗鬆症につながるという。

 岡野先生は、骨折の2、3年後の死亡率が高まるという調査データを示しながら、更年期に減少する骨密度を防ぐことも重要と指摘し、「更年期障害の症状は多岐にわたる。体の不調や辛いことがあれば、医療機関を受診してほしい」と述べた。

ホルモン補充療法の満足度
 河端恵美子・静岡県立大学短期大学部看護学科教授は、コメディカルの立場から講演を行い、更年期対策を行うことで医療費の拡大を抑制できるとの考えを示した。治療により患者の抑うつ尺度も改善したというデータを示しながら、「更年期医療やヘルスケアは、女性のQOL(生活の質)の向上に必要」との知見を述べた。

 更年期障害者数は400〜600万人強とみられている。学会などの認定者養成だけでは、更年期女性に対して満足な健康支援はできないおそれがある。「更年期相談が受けられる場所や機会を提供していくことも今後の課題となっており、地域社会で活躍する看護師や保健師、薬剤師や栄養士などの医療関係者が、活躍していく状況をつくっていくことも必要だろう」としている。

 女性の更年期障害の治療法のひとつに、ホルモン補充療法(HRT)がある。日本更年期医学会は、日本産科婦人科学会と共同で「ホルモン補充療法ガイドライン」を作成し、普及活動を進められているが、日本では補充療法の普及率は低く、あまり知られていない。

 ホルモン補充療法では、経口薬に加え、体本来がもつものに近いホルモンを補充できるはり薬、塗り薬も登場した。補充するのはエストロゲンと黄体ホルモンで、子宮のない女性はエストロゲンのみを使う。

 石塚先生は「医師や医療機関、患者を対象に実施したアンケート調査では、ホルモン補充療法の満足度は80%と高く、継続意向のある人も86%に上った」と話す。「高齢化社会では、更年期後の健康づくりをキーポイントととらえる必要がある。更年期を健康に迎えられることの重要性を啓発し、政府や関係団体にも訴えていきたい」との考えを示した。

2010年 「メノポーズ週間」
日本更年期医学会では、世界メノポーズデーである10月18日から24日までの1週間をメノポーズ(閉経)週間とし、社会への理解促進を目指した様々な活動を行います。4年目となる本年は下記の内容で活動を行います。
主催: 日本更年期医学会
後援: 厚生労働省、日本医師会、日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会、日本看護協会、日本薬剤師会、日本家族計画協会、NPO法人女性の健康とメノポーズを考える会、NPO法人更年期と加齢のヘルスケア、NPO法人21世紀ウィメンズヘルス研究会、NPO法人 Healthy Aging Projects for Women
日本更年期医学会
[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年03月26日
【健やか21】「日本脳炎ワクチン供給不足が見込まれる現状についてのお知らせ」の掲載について(日本小児科学会)
2021年02月12日
【健やか21】「地域の実情に応じたアウトリーチ型家庭教育支援の取組事例」の掲載について(文部科学省)
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート