一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

朝食で幸せ度がアップ 朝ごはんを毎日食べる人は満足度が高い

キーワード: 二少(少食・少酒) 食生活

 朝食をきちんと食べる習慣は、健康増進に役立つだけでなく、幸福感や生活満足度にもつながるという研究が発表された。
朝ごはんを食べる習慣と、幸せ度と生活満足度は関連がある
 意外に見落としがちなことだが、食事は朝食、昼食、夕食に、ほぼ均等に分けてとることが大切。毎日を忙しく過ごしている社会人では、食事が不規則になりやすいが、1回の食事量が多すぎたり、少なすぎたり、食事の間隔が空きすぎるのは体に良くない。

 朝食をきちんととる習慣は、健康増進に役立つだけでなく、その人の幸福感や生活満足度にもつながるという研究が発表された。これは東北大・加齢医学研究所スマート・エイジング国際共同研究センター(センター長:川島隆太教授)による「幸せ度とライフスタイルに関する調査」で分かったもの。調査は、20代から60代の社会人の男女1000人を対象に行った。

 調査では、現在の自分の「幸せ度」を100点満点で自己採点してもらった結果、平均は65.1点となった。これを朝ごはんの摂取頻度でみると、毎日朝ごはんを食べている人は67.9点と高く、週2日以下しか朝ごはんを食べない人の「幸せ度」は59.0点と低めだった。

 また、自分の幸せの基準として重視していることを聞くと、朝食を毎日食べる人は「健康状態」(72.8%)や「家族関係」(68.3%)と答えたのに対し、朝食を週2日以下しか食べない人は、「経済的な余裕」(73.1%)をもっとも重視し、「家族関係」(55.8%)に幸せをみいだす人が少なかった。

 つまり、「幸せ度」が高い人は余裕があり、朝ごはんを“毎日”食べる人で、「家族との関係」など精神的な幸福感を重視する傾向がみられるということになる。「たかが朝食、されど朝食。当たり前の生活習慣を当たり前に行うことが、私たちの幸せ感と直結する」と川島教授は強調する。

 さらに、自分の生活を自己採点すると、朝食を毎日食べる人の「生活充実度」(65.4点)は、朝食を週2日以下しか食べない人の53.8点と比べ10点以上も高く、他の項目も総じて高得点となっている。

朝食を毎日とる人は健康や仕事でも充実感が高い
 朝食を毎日とる人は「体調管理」(60.9%)にも気を配り、「生活リズムが安定」(65.3%)としている。一方、朝食を週2日以下しか食べない人は、「イライラしたり不安」(60.9%)を感じやすく「体調管理」(30.1%)の関心が低く、「休みの日は寝ている」(46.8%)ことが多い。

 調査結果について川島教授は「私たちが最近行った研究では、朝食を抜いたり、糖質だけの朝食をとっていると、さまざまな脳の領域の活動が落ちることがあきらかになった。結果として、栄養学の調査研究では、認知能力が約2割も低下することも示されている」と話す。

 仕事に関する意識と朝食との関係でも、朝食をとる習慣のある人は、ワーク・ライフバランスがとれ、メンタルストレスも低く、うま<仕事にとけこめているのに対して、朝食習慣のない人は、転職を希望する傾向が高いなど、社会とうまく関われていない傾向が高いことも分かった。

 川島教授は「社会人として、幸せを享受するには朝食が必要。最近、心から笑っていない、なんとなく人生がうまく回っていない、気持ちが落ち込みがちだ、仕事がだんだんつまらなくなってきた、これらに思い当たる人は、ぜひ朝食習慣を見直してみてください」と話している。

川島隆太教授が朝ごはん習慣と幸せ度と生活満足度の関係を調査(東北大学 加齢医学研究所 スマート・エイジング国際共同研究センター)

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

生活習慣 ▶ 食生活

2022年01月28日
夕食はいつ食べると良い? 夜に食べるタイミングが糖尿病リスクに影響 メラトニンと遺伝子が影響
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月19日
食後血糖の急激な変動(血糖値スパイク)を抑える健康食事法 「スローカロリー食ライフ」キャンペーン実施中!
―豪華賞品とスローカロリー商品詰合わせをプレゼント。2022年2月16日まで!
2022年01月12日
【世界健康フォーラム2021・静岡 公開中!】
健康寿命はみんなで延ばせる 食生活で日本を元気に!
2021年12月21日
やせていても「少食で運動不足」だと糖尿病リスクが高い 若い女性も気をつけたい糖尿病 順天堂大
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート