一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

前立腺がん発症に関わる5つの遺伝子多型(SNP)発見 東大など

キーワード: がん

 理化学研究所と東京大学の研究グループがこのほど、日本人の前立腺がんの発症に関連する新たな5つの一塩基多型(SNP)を発見したと発表した。欧米での研究で関連が報告されている31個のSNPのうち、19個のSNPが日本人の前立腺がんと関連があることも確かめた。

 前立腺がんは、世界でもっとも発症頻度が高いがんのひとつ。日本でも、生活の欧米化や人口の超高齢化にともない、その罹患者数は急激に増加している。2020年には罹患者数が8万人に近くに増え、肺がんに次いで男性のがんで2番目に多くなると予測されている。

 前立腺がんは治療の予後が比較的良いがんとして知られているが、高齢者の多くが潜在的に早期の前立腺がんをもっているとの報告もある。一方で、多くの市町村が導入しているPSA検診は、前立腺炎や前立腺肥大でも異常値を示し、また低くても多くの前立腺がんがみつかることから、住民検診として実施することへの疑問も指摘されているという。

前立腺がんの危険性を遺伝子をみて評価
 前立腺がん発症の危険性を正確に評価する方法の開発が世界的に求められている。これまで欧米での研究で、前立腺がんの発症に関連する多数の遺伝子や一塩基多型(SNP)が発見され、遺伝的素因が発症に深く関わっていることが示されている。遺伝的な面からがんの危険性を評価できる可能があると期待されている。

 約30億の塩基対から構成されるヒトゲノムには、個々人でわずかな違いがある。その塩基配列の違いのうち、集団内で1%以上の頻度で認められるのが多型で、もっとも数が多いのは一塩基の違いである一塩基多型(SNP)。遺伝子多型は病気のかかりやすさや医薬品の効き方など、遺伝的な個人差を知る手がかりとなると考えられている。

 研究グループは、文部科学省が推進する「オーダーメイド医療実現化プロジェクト」として、日本人の前立腺がん患者群4584人と対照群8801人を対象に、疾患と関連する遺伝子をみつける手法のひとつである「ゲノムワイドSNP関連解析」を実施。

 その結果、これまで欧米人で前立腺がんとの関連が報告されている31個のSNPのうち、19個のSNPが日本人の前立腺がんと関連があることを確かめ、残りの12個のSNPは関連性がないことが判明した。さらに、新たに5つのSNPが日本人の前立腺がん発症と強い関連があることを発見した。

 研究グループでは「結果は、前立腺がんの発がん機構の解明につながるとともに、人種や民族間での前立腺がん発症の遺伝的素因の違いを示唆し、今後日本人の前立腺がんの発症リスク評価の開発に貢献するもの」としている。

理化学研究所
東京大学
推進するオーダーメイド医療実現化プロジェクト(文部科学省)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2022年06月06日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2022年03月10日
「筋トレ」の実施時間が長いほど糖尿病リスクは低下 家庭や職場で簡単にできる筋トレ
2021年04月16日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年03月11日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
川柳募集2023
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート