一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

新交通システムと都市計画 歩数が増え肥満が減ることを実証

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 三多(多動・多休・多接) 生活習慣病の医療費 身体活動・運動不足

 人口が密集する都市部で、路面電車のような新交通システムを普及させると、市民がよく歩くようになり生活習慣病予防につながるとする研究が米国で発表された。

 新交通システムは、従来の交通体系をカバーする交通システムとして位置づけられており、自動化による運行の効率化がはかられ、設備の建設・管理費も安く抑えられるのが特徴。二酸化炭素の排出量がより少なく、環境への負荷を減らせることから注目されているが、保健指導や健康増進においても恩恵が得られるという。

 研究者らは、数百万人の生活に身近に関わる社会環境を改善し公共交通システムを普及すると、身体活動(ウォーキング)が増え、体重コントロールの改善や肥満対策になるとしている。

新交通システムを利用すると体重が減少
 「ライト・レール・システム(LRT)」は、都市内や市街地などで中小規模で運行される、かつての路面電車にかわる新交通システムのひとつ。通勤にLRTを利用することで車に乗らずにトランジットステーション(乗降施設)まで歩くようになり、毎日の歩数を増やすことができると研究グループは指摘している。

 「毎日の通勤に固定されたレールを走る交通システムを使うことで、利用者は歩く機会を増やすことができる。結果として、健康増進や減量などの有益な効果をもたらす。交通機関などの環境整備がはたす役割は大きく、今後の政策を議論する上で意味のあるものとなるはずだ」と、米Drexel大学(ペンシルベニア州)のRobert Stokes氏は述べている。

 研究では、ノースカロライナ州シャーロットで設置が進められていたLRTシステムの完成前および完成後に、住民500人を対象に調査を実施した。身体活動量、BMI(体格指数)の変化、地域の環境に対する理解、LRTができる前後の公共交通機関の利用状況などについて調査した。

 その結果、12〜18ヵ月の期間中に、通勤にLRTを利用した人では、BMIが平均1.18(㎏/㎡)も減小していた。身長165センチの人では体重が約3キロ減った計算になる。また、LRTを利用した人では、利用しない人に比べて肥満になる比率が81%低かった。

 米国では現在、主要都市圏で32のLRTシステムが運行され、年間の利用者は2億人以上だという。「公共交通機関の利便性や利用性の高さと、身体活動量の増減に関連があることを認めた報告は、他にも発表されている。交通に関わる政策立案者は自治体や公共機関と協力して、安全で魅力的な交通環境をつくっていく必要がある」と、Stokes氏は指摘する。

 この研究は、米国立環境衛生科学研究所(NIEHS)の資金提供を受け、ペンシルバニア大学、ドレクセル大学、および米国のシンクタンクであるランド研究所の研究者らにより行われたもので、米医学誌「American Journal of Preventive Medicine(予防医学)」8月号に発表された。

Public Transit Systems Contribute to Weight Loss and Improved Health

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

テーマ ▶ 生活習慣病の医療費

2021年02月18日
運動・身体活動をより増やして、座りがちの時間はより少なく WHOが新しい「運動ガイドライン」を発表
2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2017年04月19日
ウォーキングに着目した都市計画 1500歩増やすと医療費が3.5万円減少
2016年02月23日
特定保健指導が医療費適正化に効果 「リスクあり」では医療費が2倍に
2016年02月05日
母乳育児が世界を変える 母乳に36兆円の経済効果 82万人の命救う

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月06日
「ヨガ」「太極拳」にストレス解消とリラックスの効果 初心者も気軽に自宅でできる
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
【新型コロナ】起床・朝食が遅くなった子供で運動不足や栄養バランスの乱れが 規則正しい食事・睡眠が大切
2022年06月06日
余暇に軽い身体活動をするほど健診結果は良くなる 活動量の実測データにもとづく世界初の研究
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート