一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

健康的な日本型の食事でうつ症状が低下

キーワード: 二少(少食・少酒) 健康食品

 野菜や、大豆食品、きのこ類、果物などをよくとる日本食は、エネルギー量や栄養バランスを調整しやすい「健康食」といわれる。「健康的な日本食パターン」により、うつ症状も減少するという研究が発表された。

 この研究は、国立国際医療研究センターの南里明子氏や溝上哲也氏らによるもので、「欧州臨床栄養学雑誌」オンライン版に5月19日付で発表された。

 これまでに食事での食品や栄養素の摂取とうつ症状との関連を指摘した研究はあるが、食事パターンを調べた研究は少ない。そこで研究者らは、福井県で勤める21歳〜67歳の男女521人(男性309人、女性212人)を対象に定期検査を行い、食事パターンとうつ症状との関連を調査した。

 1ヵ月間の食事について質問票で尋ね、52種類の食品や飲料の摂取について、主成分分析という手法で推定した。うつ症状の評価は、質問票の回答をもとに、世界的に広く使われている「CES-D」という尺度で判定した。

 野菜や、大豆食品、きのこ類、果物などをとよくとる「健康的な日本食型」、肉をよくとる「動物性食型」、「欧米型朝食型」の3つの食事パターンに分け、それぞれ強、中、弱に3段階に分類。

 うつ症状との関連を比較したところ、日本食パターンのみられる人ではうつ症状の頻度が最大で44%に減少しており、際立って低いことが示された。他の2つの食事パターンでは明白な関連がみられなかった。

 健康的な日本型の食事には、魚、ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜、キャベツ、白菜、ダイコン、カブなどの根菜を含む淡色野菜、きのこ、納豆、豆腐などの大豆食品、海藻、ジャガイモ、果物、緑茶などが含まれる。

Dietary patterns and depressive symptoms among Japanese men and women(欧州臨床栄養学雑誌)
European Journal of Clinical Nutrition, May 2010, doi:10.1038/ejcn.2010.86

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

テーマ ▶ 健康食品

2022年01月19日
食後血糖の急激な変動(血糖値スパイク)を抑える健康食事法 「スローカロリー食ライフ」キャンペーン実施中!
―豪華賞品とスローカロリー商品詰合わせをプレゼント。2022年2月16日まで!
2020年11月25日
スローカロリー研究会Webセミナー「ロードレースとスローカロリー ギネス世界記録への挑戦 」を公開中!
2020年10月26日
「ブルーベリー」のポリフェノールに免疫を調節する作用 炎症性腸疾患の予防や治療につながる可能性
2020年08月28日
【新型コロナ】ポビドンヨードを含むうがい薬がコロナに効く? 薬局などで売り切れが続出
2019年06月28日
【PR】
尿酸値が気になる人へ!
尿酸値の上昇を抑える「PA-3乳酸菌」活用のススメ
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート