一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

睡眠の深さや状態を自宅で定量的に評価 タニタ「スリープスキャン」

キーワード: 疲労(休養不足)

 タニタは、眠りの状態を定量的に評価し表示する睡眠計「スリープスキャン SL-501」を5月中旬より発売する。

 日本では現在、5人に1人がなんらかのかたちで睡眠に関わる悩みを抱えているという。睡眠障害に対策するために、睡眠の質を正確に測定する必要がある。医療機関で臨床的に用いられている睡眠ポリグラフ検査(PSG)では大掛かりな装置を用い多数の電極を取り付ける必要があり、検査を受ける人の身体的・金銭的な負担が大きいというデメリットがある。

 そのため睡眠障害への対策を促すために、睡眠の状態を簡便で安価にチェックできる機器が求められていた。

 スリープスキャンは、いつも使っている寝具に本体を敷くだけで使用でき、睡眠計測を簡便に行える睡眠計。睡眠中の脈拍数、呼吸数、体動をもとに睡眠の深さ、睡眠の状態などを判定する。医療機関で行われているPSGによる判定結果と相関性の高いアルゴリズムで判定し、睡眠の状態を点数による総合評価であらわすことができる。

 計測ユニットとセンサーマットが一体となった構造になっており、センサーマットを寝具の下に敷いて使用する。本体の中には500mlの水(精製水)が入っており、その上に横たわることでマットに組み込んだ内圧をセンサーが働き、脈拍数、呼吸数、体動を検出。得られたデータを本体のSDカードに記録する。

 専用のアプリケーションで、睡眠の深さを4段階のステージグラフで表示するほか、睡眠時間や寝付き時間、途中で目覚めた回数などの情報から睡眠の状態を定量的に評価する睡眠点数を算出する。これらのデータを過去のデータと照らし合わせて確認できるほか、日/週/月/曜日などで分けて睡眠日誌としてグラフ表示することも可能。

 睡眠外来のある医療機関や介護施設、運輸業界などに向けて販売。希望小売価格は36,750円と、比較的安価な値段で導入できる点も特徴となる。すでに徳島県美馬市でのモニター導入も決まっているという。

スリープスキャンを使った睡眠計測のイメージ

実際に計測する際にはセンサーマットを寝具の下に敷く

このページの記事は(株)タニタが4月6日付で発表したリリースをもとにしています。

(株)タニタ

[Terahata]

関連トピック

生活習慣 ▶ 疲労(休養不足)

2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年04月13日
「照明つけっぱなし」で睡眠をとると肥満や糖尿病のリスクが上昇 夜の照明にどんな工夫をすると良い?
2021年10月07日
良い睡眠は糖尿病のコントロールを良くするために必要 睡眠を改善するための5つの方法
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート